会社乗っ取りまで企んだ「渡辺新領」の横着な振る舞い(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渡辺新領は、債権者に対して令和元年12月31日現在で2000万円(元金1400万円及び金利年3%分を加算)を負っている。この債務を渡辺は無責任にも長い間放置して来たが、関係者が渡辺の家を訪ね、翌日に渡辺が債権者の事務所を訪ねた際にはその場で自ら進んで借用書を書き、「2~3日以内に女房を連れてきて、保証人にします」と言って反省した様子で帰ったにもかかわらず、数日後にタクシー会社の顧問弁護士より書面が届いて、渡辺が自己破産をするということで関連の書類が同封されていた。以前にもどういうことかと債権者の知人が渡辺の勤務していたタクシー会社の寮に行くと、渡辺は翌日夜逃げをしたことがあった。

渡辺が困って何回も金を貸してほしいと言うたびに債権者は助けてあげたり、飲食もどれだけ連れて行ったか分からないほどだった(渡辺は自身の全盛期でも債権者に御馳走したことは一度もなく、口先だけだった)のに、さらに、渡辺が自分から借用書を書くと言い、奥さんを保証人にすると言い出したのに、その約束を破り、前記の弁護士よりの書面の中では、渡辺が「(社長に)何回も架空の領収書を切らされた」とかありもしない虚偽の理由を並べたてていたことは、債権者にとっては絶対に許すことができないものだった。この人間は、困った時には平気で金を借りに来ることを繰り返すので、本当に恥を知らない。

渡辺は、債権者が創業した会社に「働かせてほしい」と言ってきて、債権者が新会社を設立し、社員の給与を保証し、さらに債権者の会社に勤務する女子社員一人を派遣するなど手厚い対応をしたにもかかわらず、わずか1年足らずで新会社を破綻させてしまい、その際に債権者が被った実害は甚大で5000万円以上の赤字が出たが、本人は週に1、2回しか出社せず給与を70万円も取っていた。こうした経緯がありながら、債権者は渡辺が自身の不始末を詫びて退職したためにその責任を求めることなく認め、さらに前述したように、その後も渡辺が会社を訪ねてきて寸借を重ねても応じて来た。

しかしながら、渡辺は無責任にも一切の責任を放棄して債権者に謝罪することもなく今日に至っているのはどういうことか。渡辺はこの件に関して、このまま謝罪もしないで放って置いたら良いと思っているのであれば、渡辺の身内は加害者の身内として公表することもあり得る。前回の記事で、こんな人間は金額の多寡ではなく、やり方が非人間そのもので許されないという投稿が多く寄せられている。

2021.01.06
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

    お問い合わせ