失踪12年でも消えない「佐藤元夫」の犯罪

失踪12年でも消えない「佐藤元夫」の犯罪(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〔金主を騙して仕入れた不動産を無断で売却〕

佐藤元夫という不動産業者が会社経営者の前から姿を消してから12年以上が過ぎた。もちろん、姿を消すにはそれだけの理由があって、佐藤の場合には不動産の仕入れで会社経営者から多額の資金を借り受けながら、不動産を取得後に内緒で販売をして販売代金を着服横領した総額が平成14年までの6年間で約8億5000万円という巨額に膨らんでいたこと。そのために「債務弁済契約公正証書」を作成するに当たって会社経営者が佐藤に「金額が大きくなっているので」と言うと、佐藤は法人契約の生命保険を担保にすると言って、立て続けに6社と契約しながら当初は佐藤が真面目に保険料を支払ったが、間もなくして滞りだし、会社経営者が佐藤に頼まれ立替払いをするようになった揚げ句、平成19年9月、会社経営者には無断で保険会社に解約を強硬に申し入れて返戻金を受け取ったこと等ほかにもある。

佐藤元夫は不動産業者といっても、競売で落札した物件を販売する業者で、その市場は不動産業界では特殊ではあったが、平成の時代に入ってバブル景気が崩壊すると、金融機関が一斉に事業用地、個人の住宅を問わず債権回収のために競売にかけるという事態が起きた。“貸し剥がし”という言葉がニュースで流れるほどの社会問題にもなったが、競売不動産の市場が大きく膨らんだ結果、佐藤のような専従業者も増えた。

とはいえ、佐藤が業界でどれほどの実積を有していたかは分からないが、平成8年頃に新聞の折り込み広告で宣伝したのがきっかけで会社経営者との接点ができたという。

最初に連絡を取ったのは、競売不動産の取得に興味を持っていた会社経営者だったが、会社経営者のオフィスに現れるたびに佐藤の方が積極的になり、何度か面談を重ねたときに「一緒にやりませんか」と持ちかけるようになったという。いくつかの入札物件を佐藤が提案して、会社経営者が実際に資金を出した。そして落札した不動産を佐藤が販売して上がった利益を分配するという約束になっていた。

この当時、佐藤は毎週火曜日の午後4時に会社経営者を訪ねて定期的に打ち合わせを行っていたので、会社経営者も安心して任せ未販売の不動産については佐藤が代表を務める会社の所有としていたという。ところが、そのうちの一つであった東京赤羽のビルについて、佐藤の悪事が発覚した。事情を知る関係者によると「この物件は入札価格が1億数千万円で、落札した後の所有名義は佐藤の会社にしていた。毎月、数件の店子から佐藤が賃料を集金して会社経営者に持参していたが、数ヵ月後に会社経営者の友人がビルを買うことになったので佐藤に売買準備の指示をした。しかし、売買契約の当日になって、佐藤が『実はあのビルはすでに売却して、売上代金を横領しました』と白状した」(関係者)という。佐藤は必死になって謝罪し、それこそ額を床にこすり付けるようにしながら、「これからしっかり仕事をして、必ず返済しますので許してください」と懇願したことから、会社経営者は警察に告訴することだけは踏み止まったという。

しかし、この事件発覚から4年、佐藤は会社経営者に対して悪事を働き続けることになる。佐藤は時には競売に係る「供託金」が必要という名目で横領を重ねたのである。(以下次号)

失踪12年でも消えない「佐藤元夫」の犯罪(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〔占有者立ち退きの供託金はウソだった〕

数ある競売不動産の中からどの物件に入札するかという目利きは、一般の不動産業者の仕入れとは違うノウハウが必要という。業界関係者によると、「競売にかかる土地には建物が建っているケースが多いが、内覧ができないために外観で建物の状態を判断しなければいけない。入札するに当たっては裁判所が公表する『現況調査報告書』が唯一と言っていい情報になるが、内容が間違っていても裁判所は責任を負わないことになっている」という。これはほんの一例だが、こうした専門的なノウハウを佐藤は会社経営者に披瀝して信用させたようだ。

東京八王子の物件を落札した際に、不法占有者を立ち退かせるための強制執行の申立を起こす必要が生じた。佐藤が学生時代の友人という弁護士を紹介してきて手続を進める中で、実費の他に供託金200万円が必要であると佐藤が言い、会社経営者は現金を用意して渡した。その後、強制執行が無事に済んでも供託金が戻らないために佐藤に尋ねると、佐藤は裁判所や弁護士の都合を言い訳にしていたが、最後には供託金を横領した事実を認めたという。会社経営者は、このときも佐藤の懇願を受け入れて警察沙汰にしなかったが、それで味を占めたのか、佐藤はある地方都市の物件を落札したときにも、前所有者の占有を解くために同じく供託金名目で200万円を受け取り、その後、横領した。佐藤の悪事は際限が無かった。しかも、占有者が前所有者だったことから、裁判を起こす前に佐藤が直接交渉をすることになったが、あろうことか佐藤は前所有者から120万円を“借金”していたのである。それ故、訴訟で立ち退きが決まった後に立ち退き期限までの賃料相当分から120万円が差し引かれてしまった。

(写真下:債務弁済契約公正証書)

佐藤が悪事を働いて横領着服を繰り返し、それが露見すると必死になって謝罪するが、しばらくすると、佐藤はまた悪事を繰り返す。冒頭にも挙げたように、平成14年8月22日、会社経営者は佐藤が働いた悪事で横領着服した金額を全て合算して、8億5000万円を額面とする「債務弁済契約公正証書」を作成することにした。平成19年3月頃、「知り合いの設計事務所オーナーの関係する物件です」と言って5件の不動産リストを提示し、「売値で10億円以上の物件の運用を任されているので、今年の9月から大々的に販売をかけて一旦社長に返済するので、今年いっぱいの保険料を立て替えてもらえませんか」と懇願したので、今度こそはしっかり成果を出してもらいたいと会社経営者は考え、佐藤の要請を呑んだ。

ちなみに、佐藤が担保に供した生命保険の加入については、保険金の受取人を当時は学生だった娘にしており、佐藤に不測の事態が起きて保険金の支払いが起きた場合には、それを返済に充てるということを佐藤は公正証書に明記した。会社経営者はその時、娘を巻き込むことへの佐藤なりの責任や覚悟を感じて、佐藤を信じることにした模様だが、事実はそうではなく便宜的に実の娘を利用したに過ぎなかったことが、その後の佐藤の言動からも明らかだった。なお、その後、会社経営者が佐藤に対する訴訟を起こした中で、代理人に就いた上原光太弁護士は、前妻と娘の代理人に就いた弁護士より受けた「娘に対する請求は消滅時効」という主張に抵抗もせず、また会社経営者にも詳しい説明もしないまま被告から外してしまう手続を取ってしまったが、これには大きな疑問が残った。

公正証書が作成されてから数カ月後の8月20日、佐藤が交通違反で逮捕されたというメールが会社経営者の部下の電話に入った。会社経営者は佐藤が無免許で車を運転しているのを知り、何回も注意していたにもかかわらず聞こうとしなかったから、とうとう捕まったと思ったというが、佐藤がメールで知らせてきた釈放の4日を過ぎ1週間が経っても連絡がなかった。それをいぶかしく思った会社経営者が部下に指示をして検察庁や佐藤の知人らに照会すると、佐藤は逮捕された3日後の8月23日に釈放されていたことが判明したのだった。佐藤の友人の女性が罰金を代納したという。この女性も騙されて数千万円の被害があっていたが、会社経営者はそれを聞いて、直感的に佐藤が姿をくらませたのではないかと思った。(以下次号)

失踪12年でも消えない「佐藤元夫」の犯罪(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〔傷害で逮捕されても佐藤に反省はなかった〕
佐藤からの連絡が入らなくなってから3週間後の9月12日に会社経営者の下に保険代理店から連絡があり、佐藤が加入していた保険会社に架電して、保険を解約するので大至急で返戻金を払って欲しい、と猛烈な勢いで要求したという。佐藤が姿をくらませようとしていると直感した会社経営者の予想通りだった。代理店からの情報では数日中に申請書が佐藤の手元に届くと思われたことから、会社経営者は佐藤の顔を知る知人に、郵便物が届く住所に行き佐藤と話をして欲しいと依頼した。

知人が佐藤と接触できたのは2日後の9月14日で、佐藤は車の助手席に乗って来たものの知人の問いかけには「人違いだ」と言って応じなかったばかりか、助手席の窓に手をかけていた知人を振り切るように車を急発進させたため、知人は怪我を負ってしまった。

(写真下:佐藤元夫)

知人が東金警察署へ被害届を出した結果、佐藤は逮捕された。しかし、それでも佐藤は反省することなく、その後、保釈されると再び姿をくらませてしまったのである。逮捕された直後、会社経営者が警察署で佐藤と面会したとき、佐藤は「保釈されたら必ず」謝罪に伺います」と言っておきながら、その場しのぎの言い訳に過ぎなかったのである。

佐藤が本格的に姿をくらませたことで、会社経営者は佐藤の知人や取引先等に消息を尋ねたが、そこで判明したのは佐藤がそれらの関係者たちにも悪事を重ねていた事実だった。被害額が数千万円から数億円単位のものまで被害者が10人以上もいた。被害者の一人である宮本真知さん(故人 元教師)は総額で5億円以上の実害が出ていて、教え子たちが今後は「佐藤を必ず捕まえて、墓前で謝罪をさせる。必ず責任を取らせる」と意気込んでいる。本誌では事件師たちの顔写真を掲載するに際して、被害者が多かったり金額が大きい時には、公開捜索としての考えの下に掲載した。
会社経営者の関係でも、先に触れた2件で400万円の供託金は、どちらも全くの作り話であったこと、佐藤が会社経営者に持ち込んで資金を出してもらい落札した不動産物件は、すでに売却されていたことが判明して、会社経営者は大きな被害を受けた。佐藤は、折り込み広告を見て電話してきた会社経営者を最初から騙しにかける思惑を持って関わっていたということを強く実感させられたに違いない。

姿をくらませた佐藤元夫は今、どこで何をしているのか、見てきたとおり周囲の知人、友人を騙してでも悪事を続けてきたような男は、自ら被害者たちの前に姿を現して責任を明らかにしなければけじめはつかない。多くの被害者に対しては、関係者から「プロに債権譲渡してでも回収するべきだ」との声も上がっているようだ。(以下次号)

お問い合わせ