金の亡者 名家滅亡への道(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本有数の名家に驚愕の疑惑が浮上した。
東京は杉並区内の閑静な住宅街の、ひときわ大きな敷地にプール付き豪邸を構え、ベントレー、ベンツ、ポルシェほか高級外車を10台前後所有し、若い女を自由気儘に乗り替え、我が世の春を謳歌する自称“男の中の男 G社長”という人物が話題の主である。
東京渋谷にあるA学院大学出身のG社長がオーナーを務める会社は、文京区本郷に本社ビルを構えてビルメンテナンスや設備施工を業とし、グループ企業は20社を超える規模で、総資産は個人と法人併せて数千億円といわれている。
しかし、この男の錬金術が正常とは決して言えないのである。
金にものを言わせ下請けを泣かし、社員へは雀の涙ほどの給料で労働を強いる正にブラック企業で、自分だけ良ければ主義の典型的な人物なのである。
個人的に女を口説くのに必要だとしてブランド物や宝石、貴金属などを100万円単位で買うための裏金作りに余念がないというのだ。裏金は関連会社や自分の配下の会社を利用し上納させているという。
G社長の実兄は東大卒のエリートで、3大メガバンクのひとつである某銀行のトップを経て、現在は誰でも知るホテルチェーン企業の代表取締役に納まっており、日本経済界のドンと言っても過言ではない人物という。真面目で慎重派であるためか悪い噂はないが、しかしG社長は実兄と違って錬金術にばかり精を出し、しかもその方法が誠にえげつない。
「会社の年商が800億円規模で、G社長の個人年収は2億円とも3億円とも言われるが、経営陣の役員の年収は1000万円台に過ぎない。大企業の役員で1億円超の年収がザラということで話題になるような時代に、G社長の会社は個人商店そのもの」(関係者)
一般庶民からすると、そこまでの資産家に裏金など必要ないと思われるかもしれないが、そこは守銭奴の守銭奴たる所以であり、出すのは舌でも惜しみ、例え一円玉でも貪る一種の金銭中毒者と言えよう。
地位も名誉も財産も全てを持ち合わせているG社長であるが、残念なことに度胸が極端に欠如しているらしい。G社長は抜群な経済力を武器に企業買収や不動産買収を手掛けている中で、荒稼ぎを目論む代償として反社会的勢力との衝突も避けられない。
この状況に陥ると、G社長はビビリまくり、何と仲介者を入れて問題解決を図り、自分はすっかり影に隠れてしまうのだという。
コーポレートガバナンスやコンプライアンスが叫ばれて久しいが、反社会的勢力の人間と写真を撮っただけでも大問題なのに金のつながりまでできたことが発覚すれば、即座に暴力団排除条例の対象となり、社会から抹殺されるリスクは極めて高い。
しかし、それでも今だに金融機関から取引停止になっていない理由が有るとしたら、それはG社長が実兄の庇護の元にあるからという可能性を否めないのである。
仮に実兄に対する数々の忖度が働き、弟が守られているとすれば、名家といわれるG家全体への悪影響も免れまい。
今回は本誌が得ている情報を基に一部を記事にしたが、G社長が蔓延る限り悪徳財閥の謗りは免れなくなるに違いないから、今後も継続して真相を究明する。(以下次号)

2019.11.16
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お問い合わせ