F1・絵画・競走馬ほか「鶴巻智徳」が夢に賭けた1200億円(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〔サーキットの開場パーティを祝った元首相〕

世界でも有名な画家が描いた絵画を日本人が買い漁るという、かつてない出来事が起きたバブル景気の時代。それは、今から約30年も前のことだったが、東京全日空ホテルとパリの会場を衛星通信でつないでオークションに参加し、ピカソが描いた「ピエレットの婚礼」を5160万ドル(約75億円)で競り落とし、一躍世界に名を馳せた男がいた。鶴巻智徳という。

(写真下:ピカソ「ピエレットの婚礼」)

そしてもうひとつ、日本にF1レースを誘致するという夢を叶えるかのような場面を世間に見せたのが鶴巻だった。大分県日田市(当時は上津江村)の広大な土地に作った全長4.674㎞のサーキットは、当初からF1開催を目指して建設された。それ故、サーキットが完成した直後の平成2年11月30日、鶴巻は日本オートポリスの社長として絵画オークションに参加した時と同じ東京全日空ホテルの宴会場を借り、さらには来賓客に竹下登元首相を招くなど華々しいオープニングパーティーを開催したのだった。

大分県でも交通網が整備されていなかった日田のサーキット場を世間に知らしめるために、鶴巻はF1レースで3度のドライバーズチャンピオンとなったネルソン・ピケがドライブするベネトンチームのスポンサーを平成2年から平成3年にかけて務める中で、サーキットのオープニングイベントには、ベネトンのビジネスパートナーとしてコマーシャル・ディレクターだったフラビオ・ブリアトーレと同チームスタッフ、そしてドライバーのピケを招くなどして、積極的にF1の誘致活動を行った。(写真下:鶴巻智徳)

鶴巻にとって、F1レースの誘致はバブル景気を背景にした“成り上がり紳士”の単なる見栄ではなく、F1レースという興業をビジネス化させようとする大きな賭けだったに違いない。F1の運営全体にまで影響を与える力を有していたバーニー・エクレストンに対してもF1レースを誘致するために様々なロビー活動や交渉を行っていたからで、これが実って平成5年にはF1第3戦を「アジアGP」として初開催   するまでに漕ぎつけたからである。

しかし、鶴巻の夢はそこであっけなく頓挫してしまった。東京全日空ホテルで華々しいオープニングパーティを開いてからわずか2年後の平成4年、日本オートポリスは倒産し、同社の親会社である日本トライトラストは総額1200億円の負債を抱えて倒産した。その結果、翌年に初の開催を予定していたF1はキャンセルとなってしまった。倒産時の負債を一人鶴巻個人が背負えるものでは無かったことは明白だったが、一部には「ピエレットの婚礼」の落札金額75億円は鶴巻の自己調達では賄えず、ノンバンク「アイチ」の森下安道が不足分を補ったという指摘もあるだけに、すでにサーキット(写真)の開場を派手に打ち上げた時点で鶴巻の計画は資金面で行き詰まっていたことが窺える。

(写真:サーキット全景)  鶴巻をF1誘致に駆り立てた背景には何があったのか。F1誘致というとてつもない挑戦は野望でしか無かったのではないか? と思われるのがごく普通の印象である。だが、鶴巻にはもう一つ、世間には絶対に晒してはならない一面があった。鶴巻が活躍できると踏んだ表舞台、F1の興業ビジネスは正にその一面からの脱却で、だからこそ巨額の投資に踏み出したのではないかと思えるのだ(以下次号)

2019.12.10
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お問い合わせ