「金澤(福島)明彦」が群馬に持ち込んだ闇社会(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〔金澤とRの周辺は無法者ばかり〕

本誌では、これまで「中古車ブローカー『倉持茂』が会社役員を襲わせた動機」と題して特集してきた。襲撃事件の主犯が倉持茂であるとの疑いが濃厚となっている中で、倉持の背後には金澤(福島)明彦及び反社会的勢力が周辺人脈として控えている事実もまた、訴訟の関係書類や地元関係者からの貴重な情報を精査しながら取り上げてきた。金澤は群馬の前橋を拠点にして、表向きには「アーデン工房」や「ブルックランズ」(Rも共同代表)等の会社を経営する“事業家”を装いながら、実際にはRとつるんで詐欺や恐喝を日常的に働いて群馬県警の監視下に置かれている事実は、すでに読者もご承知の通りである。そこで、今号からは、倉持はもちろん倉持の背後人脈にも踏み込んで実際の現場を取り上げる。(注:金澤は、戸籍上は「福島」だが、本誌では「金澤」姓を優先している)

インターネット上でも金澤は妻ともども標的となり、「病的な虚言癖がある」とか「虚栄心や自惚れから、自分を大きく見せようとホラを吹く」と散々な書かれ方をしている。「金澤は『俺は精神病で何をやっても人並みにできない』などと自虐的な投稿をしていて、人の気を引こうとしているが、日常的に悪事を働いているのは誰もが知っているので、すぐに槍玉に挙げられる。『60歳還暦はいつ捕まるのか』といった投稿で反撃されている」と地元関係者は言うが、金澤がRとつるんで近隣の反社会的勢力をも人脈に巻き込んでいる状況は無法者を野放しにしているのに等しく放置できることではないはずだ。

Rという男は見た目と本性に相当のギャップがあり、特に初めて会った人間ほど騙されてしまう傾向が強いが、それこそ本性をむき出しにすると、ヤクザ口調丸出しの「指を詰めろ」だの「埋めるぞ」「殺すぞ」などと言った言葉を相手に投げつけて、恐怖感を抱かせる最悪の男であるというのが被害者の一致した話だ。また、Rは車の中に刃渡り35cmのナイフを常備させているようだが、悪事を重ねているだけにいつも狙われていると考えているのかもしれない。しかし、警察の検問(職務質問)にかかれば即銃刀法違反の容疑で逮捕されることぐらい判らないはずはあるまい。

Rから脅しを受けて前橋警察署の組織犯罪対策課に相談に行った地元関係者は、対応した係長から「住吉会」と書かれたRのカラー写真を見せられ、「こいつだね。ブラックリストに載っている奴で、あちこちで悪さをしている。今度電話が来たら、すぐに連絡を下さい。即逮捕します」と言われて安堵したと語っているが、金澤の会社で部長だったF氏の件では、Rは金澤に「あいつの家に行けば、まとまった金が取れるから、行こう」と言い、金澤が「警察に被害届が出ているので、すぐに逮捕されますよ」と言っても、「万一捕まっても20日で済むから一か八かやろう」と何回も誘ったという。後日、その話を金澤から聞いた地元関係者は、金のためなら何でもするRの本性を実感したという。

「Rは数年前に住吉会のトップから『今後は組の名前を出すな』と厳しく注意されたそうで、それ以降は行政書士を名乗るようになったが、金澤は『Rはとうとう頭がおかしくなった』とまで言っていた。資格もないのに、みだりに国家資格を振り回して恥ずかしくはないのか、と思う。それに、Rは女房の旧姓である西条とか藤田とかを名乗って周囲の人間を騙せると思っているかもしれないが、皆が知っていることだからすぐにバレてしまう」

もともとRは静岡県伊東市内で坂本や金澤と徒党を組んで同様の悪事を働いていたが、前号でも報じたように金澤が会社役員にRを「凄い人」と言って紹介し、以後4年間、会社役員が毎月50万円の顧問料に加え、必要に応じた経費や個別案件での報酬も渡していたが、Rは坂本や金澤には一切言わずに「ただ働き同然」などという話を繰り返していた。それ故、それだけの“資金”をRが受け取っていた事実を知って、さすがに金澤もRに見切りをつけて縁切りすることを真剣に考えたという経緯があった。Rは、自分の仲間(身内)さえ裏切るのだから、いつまでも伊東市内に留まっていることはできず、結局は腐れ縁でつながった金澤を頼って群馬県に移り住んだのが実情だった。ちなみに会社役員の下で処理した個別案件は4年間で僅か2~3件に過ぎず、それでも顧問料を毎月受け取っていたのだから、横着な男としか言いようがない。

伊東でRに引導を渡すような“縁切り宣言”をしたとも取れる書面があるので、次号ではそれを取り上げる(以下次号)

2020.01.11
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お問い合わせ