「ガレージZERO 新井康弘」にも浮上する詐欺横領疑惑(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〔新井康弘は倉持茂の悪事を全て承知して協力〕

倉持茂が中古車販売のブローカーとして関わりを持った“仲間”の一人に新井康弘という男がいる。新井は倉持と同じ中古車販売や板金塗装等を行う「ガレージZERO」という会社を経営していたが、新たに会社を設立するに際して倉持に声をかけショールームを開設する計画から、会社役員が倉持を介して新井にスーパースポーツカー10台以上を全車無料レストアや全塗装は原価でやる等の条件付で貸し出した。新井はそれらを店舗に展示することで大きな集客につながっていた。世界に数台しかない車を展示したことで、世界中のカーマニアからの問い合わせが1000件を優に超える反響があったという。

しかしその後、そうした良好に見える関係を倉持が壊していくような行動を取り、新井もまた倉持に引きずられるように倉持の悪事に加担するようになった。

倉持は、何事にもいい加減な性格から真剣に取り組まず、約束を守らない、ほったらかしにするという対応を会社役員にした結果、どうにもならなくなって襲撃事件を起こすという経緯につながったが、会社役員の所有するビルで賃貸契約を結び、フロアーの一角に飲食店街を作るという事業計画もまた倉持が何回も悪事を働く典型となった。

すでに触れたとおり、倉持は数多くのテナントを募集して事業を軌道に乗せる自信があると会社役員を説得し、10軒以上のテナントが集まらない場合には1500万円を保証するとまで約束したが、事業主の期待は見事に裏切られただけでなく、倉持はダミーのテナント候補を用意せざるを得ない状況となったが、それまでにも知人のそれぞれの賃貸借契約では相次いで連帯保証をする負荷を負った。そして、そのテナントのいずれもが賃料の未払い等で訴訟沙汰となった。新井もまたその一人で、飲食店を開業するとして賃貸借契約を結び、さらに倉持が別に用意したテナントの連帯保証までしたのだが、倉持は責任を明確にしてしっかりと処理するという人間ではなかった。新井もまた地元暴力団を使うなど無責任過ぎて、自らの賃貸契約は平成29年10月、連帯保証は同年12月に行ったが、賃料の支払いは共に平成30年11月からの賃料と光熱費等の未払い分を合わせると約160万円にも上った。

「おそらく体裁を繕う積りで、倉持が名義を借りたということもあったようだが、新井も無責任過ぎる。やる意欲もない飲食店の開業と称して契約を結べば、倉持の事情はどうあれ新井自身の責任は大きい」と事情を知る関係者の指摘どおり、倉持が会社役員に真実の説明をするのは当然として、新井もまた同じく説明する義務はあったが、いたずらに賃料や光熱費の未払いを続けているばかりだった。

倉持と新井が日常どのような関わり方をしていたのか、新井が全ての責任を倉持に転嫁するように吉村駿一弁護士に頼んだり地元の暴力団に頼むなど余りに深刻な問題にしたことが多過ぎた。倉持が平成30年12月11日に起こした襲撃事件で会社役員に対して決定的な亀裂を生ませることになった。(以下次号)

2020.01.22
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お問い合わせ