読者投稿 「種子田益夫」(6)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【読者投稿】これまでに掲載した記事に対して読者の皆様より戴いたご感想、ご意見、ご質問等の中で多く寄せられている項目の中からピックアップして掲載しています。

記事タイトル 〔悪のレジェンド「種子田益夫」に新たな訴訟〕

《記事を読んでも種子田が債務を債権者に返済する気などないことが分かる。借りる際の担保物件がすぐには金にならないゴルフ場となれば、どうしようもない。揚げ句に病院を一つでも二つでも売却すると言いながら一切実行しない(注:牛久の病院だけでも売れば500億円以上になると何人もの債権者の前でいっていた)。やっぱり息子の吉郎の無責任さが一番罪が重い》(O・Yさん 男性)

《種子田が長い間、債権者から逃げ回っていたというのも問題だが、債権者の前にようやく姿を現した時に、何年も返済がなかった状況を無視して新たに借金を申し込むとは、いったいどういう神経をしているのか。しかも、債権者の知人にも声をかけ『手数料を払うから社長を説得してほしい』と依頼していたという話を聞けば、債権者でなくとも腹が立つ。種子田には真剣に返済をする意思がないことを白状しているに等しい。種子田が借金を依頼した時は真顔だったというが、誰だって「ふざけるな」と思ってしまう》(関係者 男性)

《種子田が病院を担保にすると強調して融資を受けながら、実際には息子の吉郎を病院の理事長に据えたまま、種子田と病院の関係を本格的に疎遠にして、債権者や債権者の多くの友人や知人から病院を守る態勢を作ったとのことだが、社会的、道義的にも通る話ではない。まして息子の吉郎が理事長に就いてきたのだから、種子田の債務に責任を負うのは当然のことだ》(関係者 男性)

《種子田には弁護士が15人ほど顧問に就いていたが、そのうち14人は種子田に愛想をつかして辞めていき、ただ一人関根栄郷弁護士だけが残った。関根が悪徳弁護士と言われるゆえんだが、種子田と関根は毎晩のように銀座のクラブ、あるいは若い女性とホテルのバーで飲んでいるところを頻繁に目撃されていた。飲食代は種子田が払う代わりに法律に触れるような悪事を関根がフォローしていた。別の記事にある鈴木義彦の代理人長谷川幸雄と同様で、この二人の弁護士はいつまでも最悪の弁護士として身内ばかりか法曹界でも語り継がれるに違いない》(元側近)

《企業のコンプライアンスが法律でも厳しく規定されている中で、種子田吉郎がグループの医療法人の理事長に居続けることが不可解でならない。政治の力か、それとも病院の医師たちが告発をためらう理由が他にあるのか》(O・Sさん 男性)

《何年も債務の返済をしなかったところで、ようやく「(平成10年の年末までに一部として)20億円を返します」と言っておきながら、実際には1億円しか返済しなかった。これでは債権者と言わずとも約束違反を問題にするのは当然だが、種子田はそうした事実を隠して、「1億円を返したら、たったそれだけか?」と言われたと周囲に愚痴をこぼした、というが、種子田の心根は明らかにねじれていて、まともじゃない。それが息子の吉郎にも遺伝しているのか、吉郎の対応も決してまともじゃない》(Y・Mさん 男性)

《債務を返済せず膨らむ一方で総額が300億円を超えていたころ、種子田は債権者に「金利分として毎月3000万円くらいなら支払える」と言ったことがあったが、債権者が「そんな金額では、あなたのために巻き込んでしまった友人知人に支払う金利分にもなりませんよ」と言って断ったのは当然だった。種子田が口にした3000万円というのは、息子の吉郎が病院に指示して種子田に渡すために用意させた6000万円の半分に当たる。そういうやり取りを聞いて、種子田が約束通り牛久の病院を売却すれば、すぐにも清算できるのに何故しないのかと思った》(元側近)

《債権者に偽名での領収書を依頼しておいて、周囲には「領収書もくれない」と債権者の悪口を言う。種子田のような人間とは真っ当な話はできないことが窺え、債権者も業を煮やしたに違いない》(M・Aさん 男性)

《一口に病院の買収というが、それこそ厚生省(現厚生労働省)や自治体の監視が厳しかったはずだ。種子田にはそれを潜り抜けるノウハウがあったのだろうか》(F・Kさん 男性)

《種子田吉郎も男なら、潔くきっちりと父親の債務を認めて問題を解決することを考えたらどうか。放置していても問題がなかったことにはならず、何時までもつきまとうものだ》(S・Uさん 男性)

《種子田益夫は、周囲にはとんでもない事件屋でも家族には心を架けたつもりでいたのだろうが、あまりにも長年にわたって周囲に迷惑をかけ過ぎた。その帳尻は、今、息子の吉郎が裕福な環境にあるに違いないから、しっかりと詫びて清算をすべきではないのか》(M・Sさん 男性)

《病院経営を軌道に乗せるために、側近の田中延和と秘書の梶岡の2人が尽力したというが、種子田吉郎はその恩義に報いたのだろか? 記事を読んでいる限り、それは少しも感じられないが、そうであればどこかで必ずスキャンダルを起こして躓くに違いないと思う》(K・Rさん 男性)

《悪事を働けば、必ず世間から制裁を受けるというのは当たり前のことだが、種子田吉郎のように「父親のトラブルは関知しない」と言って知らぬふりをしている人間を見ると、どうしても許せないと思う。吉郎がやっていることも立派な犯罪ではないか。そのような自覚はないのか。自分のやったことは自分で始末をつけなければ収まりはつかないことが分からない人間には理事長が務まるはずがない》(O・Eさん 男性)

《種子田益夫は病院を担保にすると言って債権者から多額の融資を受けながら、真面目に返済をしなかったためにいつの間にか債務総額は巨額になってしまった。債権者には「いざとなれば病院を売却して返済に充てます」という言い訳まで用意していたので、債権者も種子田の言葉を信用して待ってしまったが、種子田にはその気など全くなく、20年以上も債権者から逃げ隠れを繰り返してきた。しかも、種子田の長男吉郎を筆頭に長女の益代、次男の安郎、さらには吉郎の子供(息子2人と娘1人)まで相続を放棄する手続きを取っており、債権者が病院には手を付けられないと思われるハードルを設けたのだ。これは益夫と吉郎が以前から周到に計画していたものに違いなく、吉郎は長男として、また病院グループを統括する理事長として実行したものだろうが、決して許されることではない。益夫の債務はあまりに巨額で、その全額を一括で清算するためには益夫が約束したとおり病院を売却するしかない。吉郎はその全責任を負っている》(元側近)(以下次号)

2020.05.06
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お問い合わせ