被害者を騙して得た金で豪遊「加藤隆一」の悪の行状(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本誌で特集した加藤隆一について、さまざまな情報を収集している中で、加藤が債権者から身を隠し続けた先が長野君香の所であった。

(長野君香)

数年前に債権者から債権の譲渡受けた第三者が加藤を訪ねた際に応対したのが長野君香で、長野は加藤に会わせると何回も言いながら、結局はその約束を反故にした。そもそも加藤が詐欺同然で他人が所有する土地の権利書一式を騙して預かり、権利者が加藤と同じ姓だったために「身内に頼まれたので、これを担保に金を貸してほしい」と債権者の友人を同行して借り入れをする材料にした修善寺所在の土地について「私は何も関わっていない」と裁判でも嘘の証言をして認められなかったのに、同じセリフを長野に言わせて、その場を逃れようとした。長野も加藤に言われるままに第三者に伝言して、加藤を引き合わせる約束をしたり、保証するとも言っていた。

第三者とそうした約束をしていながら、長野は自身が経営してきた「キミカ」という会社からは退いたので、少し待ってほしい、責任を持つと言っていたが、同社のホームページを見ると、相変わらず長野が代表取締役を務め、自分の名前を冠した「自然化粧品ジュンキミカ」というブランドをしっかりと宣伝しているのだ。加藤がその場しのぎでウソを言い続けてきたように、長野もまた“同じ穴の狢”と言って良い。しかも、ホームページには平成15年2月26日付で日本文化振興会より社会文化功労賞を受賞したとして、また同年12月5日付で世界学術文化審議会より国際グランプリ世界最優秀商品に認定されたとするそれぞれの写真が添えられている。
そのような栄誉ある賞を贈られながら、長野君香という女性は本当に評価を受けるだけの実績を持っているのか。少なくとも、受賞した平成14年当時、加藤は債権者から4800万円の請求訴訟を受け、責任を持って返済すると言っておきながらも、長野が匿っていたために所在が不明の状態が続いた。その間に、一度債権者の知人が加藤の所在を確認したことがあったが、長野が車(ベンツ)に加藤を乗せて逃げたこともあった。
土地の所有者を騙して権利書を持ち出し、それを債権者の所に持ち込んで1300万円を借りながら、その後は一切返済しようとしない加藤という人間を匿っておいて、何が「社会文化に貢献した」ということになるのか不可解でならない。

(社会文化功労賞の授賞式で挨拶する長野君香)

前号でも触れたように、過去に加藤は催眠商法で被害額が100億円以上の詐欺を2回も働き逮捕されるという前科がある。催眠商法は、チラシや景品などで通行人を誘い、会場に呼び込んだ後に景品の無料配布や話術で雰囲気を盛り上げて会場内を興奮させて、冷静な判断を失わせた後に高価な商品を買わせる詐欺商法をいう。その際の商品には羽毛布団や健康機器のほか健康食品、高額化粧品、アクセサリーなどが使われると言い、被害額は35万円前後から数百万円というケースもあるという。加藤はホテルほかの施設を定期的に借りて、その都度100人以上の客を集めて100億円以上の金を集めながら、一部特定商取引法で規制の対象になっているクーリングオフに応じなかったために詐欺と認定され逮捕されたが、その後も更生したとは決して思えない。土地の所有者や債権者を騙したのはその後のことだからだ。加藤は未上場会社の株券を債権者を含め大勢の人に「十分な価値がある」と言って信用させていたが、実際には公に評価されるものではなかった。加藤は、自分がしでかした悪事を「知らない」と平気で否認するような人間で、そんな人間と長い付き合いがある長野君香も同様の人間と思われる。長野は債権者に対して何度も「責任を持つ」と言ってきたが、それを早く実行すべきだろう。
長野が扱っている化粧品は「自然化粧品」を謳い、「無効物油 無石油系界面活性剤 無合成香料 無タール系色素」を強調しているが、それぞれの商品価格が6000円以上、中には15000円という商品もあってかなり高額だ。
長野は債権者に「加藤さんには大変お世話になった」と言って「私が保証人になり責任を持ちます」と約束していることを忘れるはずがない。加藤の詐欺商法に加担した過去があれば、いずれ真実が顕在化することを忘れないことだ。それに、自身の約束を守れない人間がいろいろな賞をもらうことなど有り得ないと思われる。今後、日本文化振興会や世界学術文化審議会という、この2つの団体と長野君香、加藤の関係を徹底的に調査する。(以下次号)

2020.06.27
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お問い合わせ