読者投稿 「種子田益夫」(9)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《種子田益夫に協力して吉郎の理事長就任に貢献した自民党の国会議員(丹羽雄哉)は、厚労族のボスの一人として権力を握ってきたという。病院を買収するたびに吉郎を理事長に就かせるためには恐らく種子田の莫大な裏金が流れこんだように思うが、国会議員への献金がそのまま贈収賄疑惑につながるのに、当時は何故問題にならなかったのだろうか。今となっては時効だろうから、この際、当時の真相の一端でも語ったら驚くような実話が出るかもしれない。そうなると、吉郎自身が「父親とは関係ない」と言い張ってきた根拠が無くなることも有り得るから、吉郎を公の場に引っ張り出して白黒つけさせる有効な手だてになるかもしれない》

《種子田が強力な後ろ盾として頼りにしてきたヤクザの親分に対して、警察に「恐喝された」と訴えて逮捕させたというが、種子田には人の恩情に感謝する心がまるでない。たぶん、息子の吉郎も種子田の血を引いて身勝手な振る舞いばかりしているのだろう。T氏に対しての言動やウソ八百を平気で並べて相続放棄の手続きまでやってしまう吉郎の開き直りの態度がまさにそれを裏付けているように思う》

《種子田吉郎ほか益夫の子供たちが揃って相続放棄の手続きを取ったのは、全ての責任を父親の益夫に押し付けて知らぬ振りを決め込むためで許せない話だ。先に死ぬだろう父親から、兄弟たちは病院の権益という遺産を受け取っていながら、グルになって借金という負の遺産は放棄するなどという茶番はまかり通らない。全ての責任を息子の吉郎ほか兄弟たちにも取らせるべきだ》

《種子田吉郎には父親への対応で相談する知人が一人もいなかったのだろうか。逆に父親が何度も逮捕されるようなヤクザな生き方をしている事実は恥ずかしくて言えないし、病院グループの理事長という身分をひけらかして周囲の関心を誘うことしか眼中になかったのかもしれない。もしそうなら、吉郎は父親の言いなりになっているしか選択肢はないことになるが、吉郎を最悪の人間にしていると思う。吉郎は問題を解決しないと、ますます世界が狭くなり、身近な所からも非難を浴びることになる。解決策は簡単なことで、借金が返せないのなら代物弁済をすれば良いだけである》

《田中延和氏は種子田益夫に病院グループへの復帰を頼んで断られたために辞めたというが、吉郎が安穏と理事長職に就いていられるのは誰のお陰なのかを考えることもしなかった。種子田が田中氏に渡した退職金はわずかに100万円だったと言い、さらに吉郎は種子田が田中氏に上げたロレックスの時計を取り返したという。親子そろって、何という破廉恥漢か。光景を想像するだけで虫唾が走る》

《病院は公共性の高い施設だから、社会的信用が厳しく問われるのに種子田吉郎はそれを全く無視して理事長職にしがみついてきた。父親による多くの悪事はもちろん、病院を密かに一族の資産にすり替える犯罪を親子して実行した悪事や悪評が、今後は堰を切って溢れかえる》

《吉郎にはコンプライアンス違反がつきまとう。種子田益夫が死亡したことで、吉郎はようやく解放されたと思っているかもしれないが、それは絶対に有り得ない。父親の益夫に言われるままに毎月6000万円という裏金を渡して、それが反社へ流れていた事実を消すことはできない》(関係者より)

《ウイズコロナの時代に入って、どの病院でも者数が減少し、経営難に立たされている。吉郎が理事長を務める病院も例外ではないだろう。完全に買い手市場で、患者が病院や医師を選ぶ時代に入っている。この難局に種子田父子のキナ臭い噂が世間に流れたら、患者離れは必至だ。吉郎は今、自分の置かれている立場をどう考えているのか》

《吉郎は息子として「父親の問題は自分には関係ない」と言えるはずはない。自身が理事長となった経緯を考えれば当然で、父親の負債がいくら巨額であったとしても誠意を持って対処していかなければならない。それが社会人として責任を果たすことであり、父親の死亡直後に相続放棄などという姑息な手段を取るのは最低、最悪だ》

《種子田吉郎は病院グループの患者や経理部門に対してレセプト点数の高い患者を優先的に診るようにという指示を出しているのではないか。そんな情報が引きも切らずに聞こえてくるが、それが事実ならば、金満経営どころか詐欺にも等しく、患者軽視も甚だしい。父親譲りの強欲でやっていると、間違いなく医療事故を起こすぞ》(以下次号)

2020.10.17
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

    お問い合わせ