読者投稿 「鈴木義彦」(39)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《友人がこのサイトを見てビックリしたって言っていたから、私も検索してみたけど本当に驚いた。現実にこんなことが起こっているなんて。鈴木は何から何まで全てに於いて卑怯な男。この男や身内の人間が今ものうのうと生きているかと思うと本当に腹が立つ。もっともっとこの男の悪事が大々的に世間に知れ渡るようにすればいいと思う》

《世の中でこの事件のように弁護士や裁判官に真実を捻じ曲げられて裁判で負けたり、無罪の罪を被せられている人が沢山いるのではないかと恐ろしくなる。そんな人を救う方法は無いものなのか。裁判官が無能で弁護士は金次第では、世の中が真っ暗で悪人どものやりたい放題ではないか》

《西、紀井氏が卑劣な人間と鈴木は言っているが、オマエ以上の人間は世界広しと言えど、どこにも存在しない。紀井氏には悪い評判は全くない。西は責任感がないと言う人も多いが、鈴木のような悪ではないという声も多かった》(取材関係者より)

《お金も重要だけど、信頼していた人に裏切られたという衝撃は人生をも左右すると思う。人間不信になる》

《お前(鈴木)のようなバカは金を持っても毒になるだけで、ケチな男だ。使うのは家族と愛人のためか。そんなことは絶対に許されないはずだ。家族の名前だけではなく写真もいずれ公開されるはずで、読者がいろいろ写真を撮っているようだ》(関係者より)

《このサイト、大勢の人が見ているようですが、どんどん拡散して悠々自適の生活を送っている鈴木義彦を絶対に許してはいけない。ここまでの悪党はいないと読者や関係者全員の意見です。数は力です!!》

《裁判官や弁護士は「勉学の頭は良いと思うが、一般常識や世間の人間関係には疎い」とよく聞くが、こんなにも酷いとは思わなかった。しかし、「司法試験」に合格しても社会常識や人間関係に欠陥がある人間が「人を裁く」という重大な職業に就いては駄目だろう。まさにこの事件ではそんな裁判官が大きなミスを犯した。これこそが大事件だ》

《鈴木は西の悪いことを並べているが、西も自身が言うように本当に大バカ者だと思うし無責任過ぎる。例えば仕事に見せかけてA氏より金を借り、一人の女に数千万円から億単位の金を使うことは平気で、他にも一人息子の内河陽一郎(前妻との間の子供)と2人で投資やギャンブルをしていた。それに、後妻(西松子)には故郷の角館という名前を付けた店を銀座に出した。A氏に送った遺書には「天文学的な金額をお借りした」と書いているが、鈴木から合意書破棄で10億円、と分配金の一部30億円も遺書を見て知っていたはずだ。奥さんも金の内容を知っていたと思われ、陽一郎と奥さん共に反省するところが多すぎないかと思う。それに遺書にしてもA氏が封を開けて読む前に陽一郎が見せてほしいと言うので、見る前にコピーを渡したが、自分と奥さんに来た遺書は一切見せず、これもおかしすぎる。それでも鈴木とはあくどさのレベルが違う。世界中を探しても鈴木ほど悪い人間はいないというのが関係者や読者全員の意見だ。長谷川も同様だ。ここまで多くのウソで裁判には勝ったが、自分の所属していた事務所にも迷惑をかけることが分かっているので一切の情報を消している。裁判官に対しても気を使っているようだが、誰に一番迷惑をかけたか、長谷川は分かっていないようだ。よく考えればすぐに分かるはずだ。問題を解決してから辞職するのがまともな人間だ。お前のような人間は身内ともども誰からも相手にされない。鈴木は早く逮捕されて生涯収監されていて欲しい。悪いことしか考えない最悪の人間だ》(関係者より)

《鈴木よ、1000億円以上あるようだが、A氏に謝罪してこれからの人生を楽しく暮らしたほうが賢明だと思うよ。本来なら合意書に違反しているので取り分は無いはずだが、A氏の人間性から素直に相談すれば道が開けるかもしれない。とはいえ大事なことはここまで好き放題のことをして、A氏が金だけでは許すことは鈴木と青田、長谷川の3人に対しては無いという意見が多いようだ》

《あらゆる状況で助けてもらって、可愛がられていたのに、何故西はA氏を裏切って鈴木なんかと組んでしまったのだろうか。やはり大金に目が眩んだのか。そんな事とは知らず、ずっと西の資金要請に応えていたA氏の気持ちを考えたことがあるか。最近の関係者の話で、西は表向きの印象は良かったが、最初から金銭感覚がおかしかった。20億円以上の株券をA氏に渡していいなかったり、コスモ証券の渋谷支店長を同行してウソの損失補填の約束をさせたり、奥さん自身の話でも自己破産や相続放棄は一切しませんと言っていたり、生活保護を受けていると言っていたが。全てウソではないのかという意見も上がっている。関係者が調査したら多額の保証をした時の文章とは違っていることが出てきたようで、事実関係の調査を今も継続中のようである》(関係者より)(以下次号)

2020.11.04
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お問い合わせ