読者投稿 「鈴木義彦」(61)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《鈴木がA氏に対して犯した罪は、明らかに詐欺、横領、窃盗だ。刑事事件として再審してもらいたいと思う。短期間で決着がつくと思う。多くの読者が多くの証拠等を見たり、最初からのいきさつを何回も読み、例外的な所はあるかもしれないが絶対に再審をするべき事件です。こんなでたらめな誤判が出るようでは、日本の法曹界は全く信用できない》

《鈴木の悪人独特の先を見据えた対応には本当に驚愕する。巨額の利益を手にしたが、当然違法の上で手にしたものなので、国内では国税や金融庁の手が延びると懸念し、海外のタックスヘイブンに目を付けて、ぺーパーカンパニーを使い隠匿した。そしてこの一連に関わる事情を知っている人間同士を接触させないようにし、秘密裏に自分だけが全体を知る状況を作り上げた。そして自分も身を隠して逃げ続けているが悪は滅びるべきだ。いつまでものさばる事は許されない》

《この裁判では、故人が生前に語った事や書き残した事が重要な場面で出てくる。西が書き残した遺書や手紙、鈴木との付き合い記録、株取引に関するレポート。そしてFR社の天野が語っていた話、この中にはA氏が鈴木に騙されていた決定的な証拠が多くある、逆に鈴木は亡くなった人の言葉を全て自分の勝手な解釈をして嘘を増長させている。それにも拘らず裁判官は故人が残した書類や発言の殆どを検証することなく軽視して、鈴木の嘘の発言、主張を支持している。これは何を物語っているのか》

〔鈴木の周りの関係者は本当に揃いも揃って悪人だらけです。よくもここまで揃えたと思うほどです。長谷川弁護士、平林弁護士、杉原弁護士、友人の青田光市、弁護士3人に至っては弁護士にあるまじき行為をし、平林、青田に至っては反社会勢力との関わりも指摘されており、とんでもない連中です。そして鈴木はこの連中を適材適所に起用し、うまくハメたと言えるだろう。しかし弁護士はいずれも懲戒相当で、青田は威力業務妨害、窃盗、私文書偽装、詐欺などの嫌疑がかけられている〕

〔鈴木が乙59号証で長谷川弁護士との質疑応答の中で自分が12月24日に届けた10億円の事を平成11年9月30日に返済は完了しているので「二重払い」と言ったり「手切れ金として渡した」と発言している事、「平成14年3月頃にA氏に呼び出され」等と全ての虚偽を構築したが、西のいない間に会うようなことはしないし、鈴木の電話番号さえ知らなかった。このような全くありもしないことを指示する長谷川という弁護士は、全て本当のことが証拠をつけて掲載された。それに懲戒がインターネットで公表されすぐに弁護士を辞めた。こんな無責任な弁護士は見たことが無い。散々悪いことをしてきたと思う。日本で最悪の弁護士として未来永劫消えることは無い〕

〔この裁判は個人としては戦後75年、最大級の事件にもかかわらず、「有り得ない判決」として、司法記者クラブを含むマスコミ各社が関心を寄せている。その上サイトに記事が載り、これだけ大勢の読者が益々不可解な疑惑の判決として注目されている。現実と裁判とのギャップ、事実の歪曲、裁判官の思い込みによる間違った判断が重なり事実とはかけ離れた「有り得ない判決」を生んでしまった。マスコミが関心を寄せるのも当たり前だろう。山は大きく動き出している〕

〔鈴木が平成9年10月15日にA氏から3億円を借りた。この3億円の借用書はピンクダイヤと絵画を買った時のものと言ったが、この時の借用書に年利36%、遅延損害金40%と記載したものを鈴木が持参した。その頃鈴木は10日で10%以上の金利を払っても借りるところが無い状況にあった。この金利も西の願いで金利は年15%、遅延損害金年30%に減額している。A氏がもし裁判で鈴木のように「本来は年30%の計算で60億円をオーバーし、15%でも40億円をオーバーしているものを25億円に減額した覚えはない」とか「西が勝手に言った事だ」と言って減額前の約束の元利を請求していたら鈴木は何と反論しただろうか。実際には遅延損害金の年36%による計算でその時点で70億円以上だった。自分勝手な事ばかり言っているが当時の事を思い出してみろ〕

〔宝林株で上げた利益として、西が合意書を作成して僅か3週間後に15億円をA氏のところへ持参している。個人で3週間の間に15億円もの利益を出せるのだから株の世界は凄い世界だと思うが、実はその時点で50億円もの利益が上がっていた。その金額にさらに驚くと同時に、合意書を作成して間もないというのに、西と鈴木はA氏を裏切り誤魔化していたというとんでもない事実に怒りを覚える。この2人は約束や契約を何と思っていたのか〕

〔鈴木、お前は本当に垢ぬけないゲス野郎だな。銀座、六本木のクラブでもケチで女好きで評判が悪かったようだが気に入ったホステスにはすぐに「バンスを清算してやるから俺の女になれ」と口説いていたそうだな。男として何もかも腐っている。恥を知れ〕(クラブ関係者より)  (以下次号)

2020.12.19
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

    お問い合わせ