読者投稿 「鈴木義彦」(73)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《和解協議後に鈴木の取った行動は青田と平林を代理人として立てることだった。これにより鈴木は今後A氏とは直接対談しないということで有り、和解協議に於いて決められた利益金の支払いも反故にしてくることが考えられる。案の定A氏宛に送られた手紙に鈴木にとって勝手な都合を理由に利益金の支払いの反故を伝えてくるとは実に卑怯千万な人間だ。和解協議の場で謀が次々に発覚し反省する事無く最終的に逃げる事を選択した鈴木は鬼畜以外何ものでも無い》

《民事事件は警察不介入だが、志村化工の株操作、山内興産の詐欺行為など一見、民事事件のように処理されているが、実はこの陰で鈴木は横領、詐欺という刑事犯罪を重ねて犯している。もっと早く警察が介入していれば未然に防げた事件が多くあると思う。実際にこのような例は沢山あるように聞くが、日本の司法は法律を改める事を検討するべきではないのか》

《A氏側の代理弁護士の中本と戸塚は裁判での弁護経験に乏しかったのかほとんど弁護士としての要を成していなかった。鈴木側の長谷川弁護士と比べ経験が浅いのは仕方ないにしても証拠となる陳述書も一部しか提出していなかったり、裁判に対しての準備・対策不足は否めない。せめて裁判に向かう気概の姿勢だけでももっと示して欲しかった》

《西は、完全に鈴木の術中に嵌っていた。A氏に内緒で株取引の利益分配で30億円の配当を受け取っていた。志村化工の件では自分が犠牲になる事を条件に株売買の純益の1/3を受け取るという密約を交わした。しかし、受け取ったのは30億円と合意書破棄の報酬10億円の40億円だった。そして、西は密約した残り約100億円の配当を受け取れずに自殺してしまった。この自殺も、鈴木と、青田に強いプレッシャーを掛けられた末の行為だったらしい。全て悪党鈴木の計画通りになってしまった。これを許しておいていいわけがない》

《当初鈴木は自殺しか考えられない窮地に立たされていた時に西の紹介でA氏と出会い危機から救って貰った。その時鈴木はA氏に土下座し涙を流しながら「このご恩は一生忘れません」と感謝した気持ちは何処にいったのか。A氏にどん底から救って貰っただけで無く全面的な資金提供のおかげで株取引により多額の利益金を掴むことができた。その利益金を約束通り3等分すれば済む話だったのを、何を血迷ったのかあらゆる嘘の工作をして恩人であるA氏を裏切り独り占めを企てるとは一体どういう了見なのか。読者としては鈴木が地獄に落ちない限り許さないだろう》

《西は、自分の欲の為にA氏を裏切り、鈴木を恨みながら自殺したことによって結果的に鈴木を裁判に勝たせてしまった。あの世から鈴木を呪い殺してもまだ恨みは晴れないだろう。鈴木という男は悪党で悪魔のような奴だ。絶対に許せない》

《和解協議が一部公開されてその様子から西は「合意書」破棄の全容をA氏に暴露したがその時点で株取引の利益の総額が470億円有ることを紀井氏から聞いていたが西は最後までA氏に教えようとしなかった。西の思惑としては鈴木と山分けしようと考えていたのか。ここまできたらA氏に全てを打ち明けるべきだった。そうすればまた違った展開になっていたはずだ》

《鈴木は、平成9年8月頃から西の紹介でA氏に会い、人生最大のピンチを助けられた。わずかの間に約17億円という信じられない多額の融資を受けた。しかし、親和銀行で逮捕される事になり、またもや窮地に陥った。今度は間違いなく実刑を受け刑務所暮らしになる事を覚悟していたのだろう。服役中の資金繰りがつかない中、A氏の情に縋って土下座してでも刑務所暮らしの間の資金繰りをしようと計画したのではないか。逮捕直前の鈴木の資金作りは、なりふり構わず、後先考えずで、芝居と大嘘を連発した無茶苦茶なやり方だったように思う。今までのA氏からの借金を一銭も返していない鈴木にはこの手しかなかったのだろう。この男ほど嘘つきで、悪質で、悪知恵が働く最低な人間はこの世にいないだろう》

《和解協議後鈴木はA氏宛に送った手紙に「大変世話になった」「男として一目も二目も置く」と書いてあったが全くその通りのはずだ。だが鈴木はその言葉とは裏腹に裁判ではあろうことか嘘八百を並べ立て弁護士の長谷川が工作した「乙59号証」を用いて質疑応答形式で全くのデタラメの茶番劇を展開する等、元暴走族のリーダーが聞いて呆れるではないか》  (以下次号)

2021.01.22
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

    お問い合わせ