ロシア利権と「山本丈夫」の詐欺商法(5)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所在不明から10年以上 それでも「必ず山本丈夫を見つけ出す」
山本丈夫は、東京の浅草に住民票を置いているが、そこに住んでいるわけではなく、郵便物等の受け取りのためだけにアパートを借りているというのが実情だ。山本が何処でどのような日常を過ごしているのか、恐らく限られた人間にしか明かしていないのだろうが、人の目から隠れるような生活を、この先、死ぬまで続ける積りなのか。

(写真:山本丈夫)

山本が前妻と離婚したのは15年以上も前になるが、前妻は中央区佃のタワーマンションに単身で住んでおり、しかもこのマンションは賃貸だから家賃が毎月30万円は下らないとされているため、山本が所在を不明にした平成20年頃から関係者の間では「偽装離婚」が当然のように語られていた。山本は郵便物を取りに行くためだけにマンションを借りていて、どこに居住しているかを明らかにしていないが、その一因が債権者から身を隠すことにあるのは明らかだ。
山本が債権者に勧めて大量に購入させた「東邦グローバル(千年の杜)」株については、株価が利益を出す価格になっていながら売らせなかったために、債権者は売り時を失して大きな損失を抱え込む状況に陥った。そのため、山本が債権者に最初に約束した1株500円での買い取りを求めたところ、山本は了解して「確約書を書きます」と言ったが、その際、買い取りの価格について「1株300円にして戴けませんか」と言うので債権者も了解した。ところが、確約書で約束した期限の平成20年12月末日前後から山本は債権者との連絡を絶って、所在を全く不明にしてしまったのである。

これまでに、債権者は2度訴訟を起こし、いずれも山本に対して債務の支払い命令が出ているが、山本は一切対応していない。これほど無責任な話は無いが、債権者の関係者が前妻に山本の行方を尋ねても知らぬ振りを決め込んでいる中で、山本が前妻のマンションに隠れ潜んでいるのは間違いない、という情報で前妻への協力を強く求めているところだが、前妻が山本の所在を知りながら故意に知らぬ振りをしている可能性も高いことから、関係者による前妻への追及はさらに強くなるに違いない。関係者が前妻宛に手紙を送り、「山本が債権者から騙し取った金で貴女の生活も成り立っていたはずで、現に今も高額な家賃のタワーマンションに住み続けているではないか。そうであれば債権者に連絡を取るよう山本を説得しなさい。それでなければ今後も何度でも連絡を取らせて戴く。それが貴女自身の責任を果たすことではないか。そして、そんなことを続けられたら貴女自身がたまらないと山本に伝えなさい」という内容を書いたという。前妻は関係者が手紙を送るたびに弁護士を通じて返事をしているようだが、「山本とはもう関係ない」という内容に終始しているという。山本は、すでに前妻まで嫌疑をかけられ巻き込んでしまっている事実を真剣に考えた方が良いのではないか。山本が知らぬ振りを続ければ、それだけ影響を被る親族や身内が増えるだけなのだ。

山本は本当に債権者に謝罪することを真剣に考えるべきだ。「これだけ債権者に世話になりながら、裁判でもでたらめな主張ばかりする人間はまずいない」と、会社役員と山本の両人を知る関係者全員が口を揃えて言う。
「山本が何処にいようが、必ず見つけ出す」
10年以上も所在を不明にして、債権者から逃げ回っているような卑怯な真似はいい加減にしておかないと、債権者が本当に怒った時には債権が何人もの第三者に分割譲渡され、山本だけでなく親族や元妻との間の子供をも巻き込んだ影響が出るのは必至だ。山本はそれを本当に分かっているのか。

2021.03.26
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

    お問い合わせ