ダイヤの買い付け代金を持ち逃げ「田邉達夫」の詐欺商法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝飾品会社(GHC)を経営する田邉達夫と債権者が知り合ったのは今から20年以上前のことだったダイヤモンドを盛んに売り込みに来る田邉にダイヤの買い付けを何回も依頼していたが、最後に1900万円を預けたがそのまま田邉はダイヤを買い付けもせずそっくり着服してしまったのである。
田邉は債権者に借用書を差し入れ、月2%の金利を付けて返済すると約束し、また、返済できない時には本人が所有する土地を売却して返済に充てるとしたため、債権者は止むを得ず了解したが、それから間もなくして田邉は行方をくらませてしまった。それからしばらくの間は田邉の所在が分からず、本人の戸籍を取るなどしてようやく田邉の所在が分かり、返済を求める訴訟を提起することになった。
「ベルギーダイヤモンドは世界でも有数の品質を誇るダイヤとして日本でも有名になっているが、過去には資産価値がほとんどない屑ダイヤを未来永劫の資産になると煽り、マルチまがい商法や催眠商法の手口も悪用した販売で事件になった豊田商事の系列会社がそのまま『ベルギーダイヤモンド』という商号を使って豊田商事本体と同規模の被害を出した事件があるが、田邉のやり方も詐欺同然のやり方」
と関係者は言う。

平成30年に提起された訴訟には田邉は出廷もせず、H31年12月14日に「1900万円及びこれに対する平成26年9月1日から支払済迄年5%の割合による金員を支払え」という判決が下された。しかし、田邉は非常識にも一切債権者の前に姿を現さず、さらに住所地を転々とするなど、極めて無責任な対応を取り続けている。
関係者の調査によれば、田邉は家族とも離れて身を隠すような生活を続けているようだと言うが、いつまでもそんなことが続けられる訳はない。
とはいえ、債権者も時間が経過する中で、債権を第三者に譲渡することも視野に入れているようで、そうなれば、田邉だけではなく妻(民江)や2人の子供(亜蘭、健)、さらには身内全体にも深刻な影響が出るのは間違いないところだ。そういう事態を田邉が自ら招いていることを、どこまで自覚しているのか。田邉が逃げ回っている間に債務はどんどん膨らみ、それが家族や身内全員に重くのしかかっていくことになる。いい加減に目を覚ました方が良いのではないか。債権者が刑事告訴をしなかった恩情を仇で返す行為は絶対に許されることではない。早く姿を現して債権者に謝罪し返済をするべきだ。(つづく)

2021.06.30
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

    お問い合わせ