失踪12年でも消えない「佐藤元夫」の犯罪(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤元夫は債権者から逃げ回った揚げ句に死亡した。競売物件を安く手に入れては高く転売することで利益を出すのが得意な不動産業者だったが、やっていることはめちゃくちゃだった。債権者から受けた資金で落札した物件を債権者には無断で勝手に売却して8億円以上の損害を与えただけでなく、債権者に担保として差し入れていた保険を、突然解約して逃亡資金に充てようとして、その渦中で債権者の関係者に傷害事件まで起こした。

佐藤は家族を蔑(ないがし)ろにしていたとしか思われないが、債権者に負った債務を、責任を持って返済するという認識が全くなかったようで、債権者を信用させるために娘に連帯保証をさせるようなことを平気でやった。それだけではない、その場しのぎの嘘をついては寸借で金銭を騙し取るのが常態化しており、債権者も落札物件に関連して占有者の立ち退きほかいくつもの虚偽の理由を持ち出しては債権者から100万円単位の資金を預かり着服を繰り返した。
ちなみに、債権者が佐藤を提訴した際に、娘は自己破産手続きを取り審理の途中で被告から外れるという事態が起きているが、実際にはこれまでにいくつもの例があるように事実上の詐欺破産に当たるもので、実態を一切反映していなかった。

佐藤が死亡した今、佐藤が残した債務は家族や親族が責任を持って清算するしかない。佐藤は言い訳もできないような嘘をついて債権者を騙し、あるいは債権者の資産を横領着服して無断で売却する犯罪まで実行して債権者に莫大な損害を与えている。その責任を全うして問題を解決するのは家族や親族にとっては重い負担になるだろうが、一つ一つ解決していくしかない。一度は佐藤の連帯保証をした娘は、佐藤がいかに悪事を働いていたかを少なからず承知していたはずだが、債権者や関係者と前向きに話し合いを重ねていくことが問題解決の一番早い方法ではないか。(つづく)

2021.07.01
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

    お問い合わせ