虚偽主張を繰り返す「吉村駿一」には本当に弁護士の資質があるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

政治家には「嘘も方便」という都合のいい表現がまかり通っているが、それを当たり前のように使い、実際にも弁護活動の中で乱用、悪用している弁護士がいる。群馬弁護士会に所属し、これまでに51年以上のキャリアを持つ吉村駿一である。
吉村は、過去に1991年から連続して5回、群馬知事選に出馬していずれも落選しているが、こんな人物が知事選に当選しなかったのは当然だ。いつ頃までかは不明だが、吉村は労働問題を扱う弁護士として実績を積んできたようである。しかし、ここ10年ほどの吉村は事件屋、反社会的勢力に属する人間たちの御用達をしているのではないかと思われるほど依頼人の質が極端に悪いという評価が多く、他の弁護士が受けてくれない事件くらいしか扱っていないようで、それに伴って地元でも吉村自身の評判も非常に悪くなっている。

5年ほど前の平成28年7月に、会社役員が福島(金澤)明彦に対して起こした訴訟で、吉村が福島の代理人を務めたが、審理で吉村は福島の虚偽の言動をそのまま主張してはばからず、さらにそれらの嘘を正当化しようとして吉村自身が嘘を増幅する主張を繰り返したのである。吉村は、福島の連帯保証をしていた妻の万利子の責任を不明確にするために、福島が万利子の同意も得ずに実印を持ち出し、併せて印鑑登録証も添付して借用書や公正証書に署名押印したと虚偽の主張をさせたばかりか、原告である会社役員を誹謗中傷するために、毎日のように嫌がらせや恫喝目的の手紙を自宅に送り付けて万利子を苦しめたなどというありもしない嘘を平然と主張したのである。実は、妻の万利子を保証人につけるので金利を月2%に安くしてほしいという条件を福島が提案した事実を吉村は全く無視していたのだ。福島には金利が月に1割でも貸す人間はいなかったようだ。だが、これに怒った会社役員が、それが事実と言うなら、手紙を一通でも証拠として出しなさい、と要求したが、吉村は一切返答できなかった。当然、あるはずのない手紙を提出できる訳はなかった。
この一事を見ても、吉村が弁護士にはあるまじき言動を法廷という公の場でいかに繰り返しているかが分かる。仮に福島がそういう話をしたとしても、法廷で主張する前に事実かどうかを確かめるのは当たり前の話だ。それもしないで、主張すれば偽証に当たる。

本誌では倉持茂に係る記事を掲載しているが、周知のとおり倉持は会社役員に負っている債務を逃れようとして殺人未遂教唆事件まで起こすほど極めて悪質な人間であることが明らかになっている。そして、会社役員が倉持に対して提起した2件の訴訟とも、吉村が代理人を引き受けているが、当初、吉村は裁判所に対して「倉持と連絡がつかず、代理人を受けることが出来ない」などと説明し、裁判所は吉村の言に従って裁判を結審させ判決の言い渡し期日まで設定したにもかかわらず、判決当日に突然、「弁論を再開して欲しい」という連絡を入れたため審理が継続することになった。吉村は弁護士費用を払わない依頼人に対しては、裁判を途中で中断したりすることも平気のようだ。吉村の事務所の職員は、電話を架けて来た相手の名前や用件等を事細かに聞いておきながら、自分の名前は言いたくありませんと言って名乗ろうとしない、不快な対応をしている。

審理再開について、倉持が豹変したとすれば、その理由は恐らく一つしかない。会社役員が別に提起した訴訟に敗訴して舞台が控訴審に移った時期と合っていることから、その訴訟の対象者である庄子剛の連帯保証をしていた倉持が調子に乗って、自分も会社役員に勝つことが出来るのではないかと安易な期待を描き、吉村弁護士に審理の再開を委ねたことが想像される。庄子が敗訴すれば自分も保証人としての責任を負うことになると思い、真反対の嘘の陳述書を作成して元暴力団組長の上坂等と共謀して全くの虚偽の話を作り上げたことから審理が混迷したために会社役員は敗訴したが、これも後日問題になると思われる。契約して鍵を渡さないなどということは有り得ないことである。庄子は契約の1カ月近く前より倉持紹介の新井のショールームを手がけたデザイナーと何回もビルに出入りしていた。それにもかかわらず「鍵の預かり証がないので契約は不成立」という有り得ない誤判を招いた。
本当に倉持という人間は頭がおかしいのではないか。問題は裁判ではなく、会社役員を襲わせたり、借りた金を返済せずに済まそうとして暴力団を担ぎ出すなど最低最悪なことをする性根の悪さを反省し、会社役員に何から何まで世話になり、謝罪することもしないで会社役員がいなくなれば済むくらいに考えたのか。はき違えも甚だしい倉持の感覚はまさに言語道断である。そんな倉持の実態などお構いなしのように弁護を引き受けて審理の再開を通知してきた吉村も吉村である。福島(金澤)に対する訴訟でクレネとベンツAMGも返さず、借金も一銭も返していないようだが、あれだけ好き放題に言っていた吉村は福島夫妻を指導するべき立場ではないのか。

倉持が約束をほとんど守らず、何事にもルーズな人間であることは何度も報じてきたが、こんなでたらめな対応は見たことも聞いたこともないうえに、吉村も倉持と同じく恥を知らなさすぎる。
2件の裁判のうち、倉持とガレージZEROに対する訴訟で吉村が提出した答弁書と準備書面を見ると、内容は前述した福島の訴訟以上に低劣で、例えば倉持の負っている債務の詳細を故意に不明にして、会社役員が倉持に存在しない債務をでっち上げて借用書を書かせたとか、会社役員が強引に設定した暴利のために債務額が巨額に膨らんだなどという、あまりも杜撰極まりない主張を並べ立てている。倉持が作成して会社役員に差し入れてきた車の売買に関わる数多くの書類を悉く否認して無効と言い張るのも浅ましい限りだ。
もう一件の訴訟については、今後、改めて吉村から答弁書や主張が提示されることになるが、吉村がこれら2件の訴訟でも福島の訴訟展開と同様もしくはそれ以上に虚偽の主張を繰り返したり、原告に対して度の過ぎた誹謗中傷をするようであれば、会社役員の関係者等はすぐにも名誉毀損と懲戒請求の手続きを進めるという。(つづく)

2021.07.15
     

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

    お問い合わせ