読者投稿 「鈴木義彦」 ②(71)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《A氏が鈴木に協力した金額は、貸金返還請求の約28億円、宝林株取得時の3億円、株価買支え金は鈴木と確認しているだけで約58億円、合意書に基づく約定を除いて合計89億円になる。鈴木は様々な名目を使っているが、A氏に支払った金額は25億円(西の5億円分を含む)だけである。この差額だけでも約64億円になる。西の受領する配当額をA氏に譲渡したものが135億円。A氏の被害額はこれだけでも約200億円である。品田裁判長はこの様な検証をした事があるのだろうか。A氏が裁判で請求した金額は債権の約28億円と和解協議で鈴木が約束した70億円(西の分も含む)。合意書は別にしても98億円になる。鈴木という人間は、恩を仇で返し、人間としてやってはいけないことや悪事を長谷川と2人でどれほど実行してきたことか。犠牲者が多すぎる。この事件は未来永劫にわたって消えることは絶対に無い、どころか家族や身内にも永久に影響し続けると明言できる》(関係者より)

《品田裁判長は、販売委託について「そもそも経済的に不合理な行為」「販売価格については客観的かつ合理的な説明はなされていない」として合計7.4億円のA氏の債権を認めていない。品田裁判長の判定に法的な根拠は見当たらない。現場の状況、経緯、背景が全く加味されておらず、何より宝石業界では通常的に行われている取引方法だという事を知らなかった。勿論、一見の客や相手が素人の場合を除いての事だ。要するに、品田裁判長は業界の事を全く知らなかったと言える。証券業界や宝石業界の事を知らない裁判官が軽率に判断することが誤りの元となる。民事裁判でも裁判長がこれ程の暴挙をしては公正な裁判とは認められない》

《鈴木は和解協議の場で西の暴露により、裏切りの追及を受ける羽目になった。紀井氏の証言も加わると言い逃れ出来なくなり、一旦は裏切り行為を認め、鈴木本人から50億円と別途2年以内に20億円を支払うと申し出て「和解書」の作成に至ったが、後日一方的に白紙撤回をしてくるという暴挙に出て来るとは、一体どういう了見なのか。鈴木は最後の最後まで信用出来ない奴だ》

《被告側の和解書の無効主張の1つに公序良俗違反がある。これは、「原告が無効になっているにも拘らず、合意書を理由にして50億円の和解書を作成させ、支払いを約束させたことは暴利行為と言うべきであって公序良俗違反だ」としている。合意書を法律的な根拠もなく自己の一方的な判断によって無効にした品田裁判長の責任は重大である。この裁判の過ちの重要な原因の一つであると言える》(関係者より)

《判決文というのは故意に難しい言い回しをしている。この裁判でも重要な部分は非常に解りにくい表現をしている。裁判官達は法律家としての知識をひけらかす様な言い回しをすることで、自分の能力を誇示しようとしているのか。しかし、肝心の判決を誤っていているようでは本末転倒だ》

《品田裁判長も、今までエリート裁判官として歩んで来た経歴に今回の鈴木の裁判で味噌を付ける結果になったようだ。これだけインターネット上で注目を浴びれば裁判所内でも話題になっている事だろう。原告のA氏側より最高裁大谷長官にも真偽を正すよう手紙が送ってあるという事だから、噂のネタになっているかもしれない。自身が招いた種だからしょうがないが、再審か和解が無ければ、世界中への拡散がエスカレートしていくだけだ》

《民事裁判の裁判長というのは、自分の裁判指揮に沿わない弁明や証拠を自己の判断で無視しても許されるのか。3人の裁判官の合議制は建前なのか。裁判長以外の2人の裁判官はヒラメ裁判官なのではないか、と不信感を持ってしまう。これでは到底、公正な裁判を求めることは出来ない》

《品田裁判長はピンクダイヤモンド等7.4億円分の.4億円分の販売委託を無効もしくはFR社の責任と認定し、A氏の請求額から削除した。その理由は、A氏側の代理人弁護士が法廷に提出する債権最終確認の書類に、ピンクダイヤモンド等の販売委託金額7.4億円を書き洩らしていたのが原因のようだ。この様なミスをしていては裁判を戦えない。中本弁護士と戸塚弁護士の責任は重すぎる》(関係者より)

《現職の裁判官はOBの裁判官に対しては相当気を使うらしい。OBの裁判官の中には、弁護士になっている者もいるという。もしかしたら長谷川は自分の弁護士人脈を通して、品田裁判長に口を利いて貰った可能性も考えられる。今回の鈴木の裁判が、余りにも被告側寄りの偏向裁判である事を考慮すると、十分有り得る事ではないか。いずれにしてもこの不当判決が再審の場で全容解明されなければ、日本の法曹界への信頼はなくなり、評価も地に堕ちて世界中より笑い者になりかねない》(以下次号)

2021.11.15
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

    お問い合わせ