緊急匿名座談会 主張に裏付けがない小野敏雄に裁判官も呆れた

緊急匿名座談会 主張に裏付けがない小野敏雄に裁判官も呆れた(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本誌の特集で取り上げている小野敏雄が、去る2月12日付で債権者を相手に「債務不存在確認」の訴訟を提起した。小野については「無責任で非常識極まりない」人間であることを本誌でも繰り返し伝えているが、訴状を見て改めてその通りだったということが実感できた。審理では代理人弁護士が主張を裏付けるべき証拠は「一つもありません」と断言しているのだ。これは訴訟権の濫用ではないか。本誌では債権者と小野を知る共通の関係者から話を伺い、急遽ではあるが内容を整理したうえで匿名を条件に関係者の了解を得て座談会形式にまとめた。

本誌:小野敏雄が債権者を相手に債務不存在確認の訴訟を起こしたということですが、皆さんの感想を先ずは伺いたい。

関係者〇氏:訴状を一通り読んだが、誰が見ても分かるが、小野が有り得ないほど大変なウソつきだということ、それに尽きる。

関係者●氏:私も本当に驚いている。いつも身なりを整えているから、真面目な印象があったが、ここまで度の過ぎた嘘をつく人間とは思わなかった。呆れたのは、債権者から金を借りてもちゃんと返済していて、しかも返し過ぎて過払い金が発生している、と主張していること。30年前後も元金を返さずにいた人間がどのツラ下げて、そんなことが言えるのか。ところが、債権者側が、返していると言うなら、裏付けとなる証拠を出しなさいと要求したら、代理人の弁護士が「証拠となる領収書等は一つもありません」と断言する始末で、これには裁判官も呆然としていたという。それが小野と弁護士が組み立てた作戦かもしれないが、本当に恥知らずとしか言いようがない。

関係者□氏:いや、私は小野に会った当初からおかしな男だと思った。小野は電話に履歴を残さないように、電話帳にも登録しないようにという。それも言い方がかなり強硬だったので、小野の言う通りに消してしまったが、今でも理由が分からない。訴状を見ても債権者に対して最悪の裏切り方をしている。他人のことは、ここまでやってもらって、よくこんなことが出来ますねと善人面していたが、小野は最悪だ。絶対に許せないと思った。

関係者■氏:僕もそうだ。何なんだろうね、あれは。債権者から脅されたとか、書類作成を強要されたとか、言いがかりを超えているよ。訴状には小野が借りているという金額や金利、期間、担保等を事細かく書いているが、全て嘘だ。債務不存在確認というからには全てに証拠があるはずなのに、それが一切ないというのは、訴状に書いた主張が「全て嘘です」と認めているようなものではないか。小野は今後、債権者側の主張にさまざまな反論をするのだろうが、裏付けがなければ、何の信ぴょう性もない。

関係者□氏:聞いたところによると、小野が訴状を提出する3日前の2月10日に債権者が貸金返還請求の訴状を提出していたそうで、本来であれば小野は原告ではなく被告だったはずだ。これは裁判所の事務手続きという単純な理由らしいが、小野の正体がはっきりしている今、小野は原告より被告である方が当然と思うし、分かり易いと思う。

関係者〇氏:本当にその通りだ。小野が訴訟を起こしたのは、レスリング部の監督を務めている国学院大学のOB会や大学執行部向けのアピールで、裁判で原告になっていることで、自分が被害者で訴えている事件ですと言い訳にしているのではないのか。

関係者●氏:私も絶対にそうだと思う。もともと小野には釈明の余地がないほど金銭にルーズだから。しかも可能な限り返済の引き延ばしをしようとして悪知恵を働かせている。そもそもの話だが、小野が債権者にいくつも持ち込んだ入金話が全部実体が無いものや話もまともに進んでいないものばかりで、小野がいかにウソつきかということだ。約30年前に借りた8000万円をいつまでも返さないから、いくら催促をしない債権者でも小野がいつ返すのかを聞くのは当たり前のことだ。それをウソの入金話で誤魔化し続けた。

関係者■氏:本当にそうだ。特に上場会社の社長から令和元年8月に8000万円の融資を受けるので、それを返済に充てると言いながら、それが令和2年5月まで延びて、さらに7月になってからの3億円を受け取るという話も、実態は恐喝だ。会社社長は確かに金銭執着が酷くて脱税を繰り返し、小野もそれを手伝って来たと自白しているが、会社社長からもらった手数料(報酬)が少なかったと言って、後から「もっと出せ」と言うのは明らかな脅しだよ。それに、会社社長の常習賭博に付き合って、6年以上も麻雀賭博を毎週やっている。会社社長は何十年というキャリアだが、それをまたネタの一つにして会社社長を脅かしたのではないかと疑われている。

関係者●氏:そんな男が、どうして債権者に脅されたなんて言えるのか。しかも、小野は父親が右翼だった影響か10代の頃から右翼の世界に飛び込んで、今は日本一の右翼の会長の運転手や秘書的なことをしているというじゃないか。その立場を利用してトラブル等を片付けたり取り立てをすること等でギャラを稼いできたようだが、逆に相手を脅すことに慣れていたんじゃないかと思う。債権者が脅すなんて有り得ないことだし、実際に小野と債権者のことは良く知っているが、一度も見たことはないね。脅されたとか強要されたというのは悪質な債務者が言う常套句だよ。小野はいつ、どのように脅されたと具体的に言ったらどうか。

関係者□氏:債権者が小野を呼び捨てにしたことも聞いたことが無い。「小野ちゃん」とか「小野くん」とか、必ず親しみを込めた言い方をしていた。

本誌:小野が債権者から8000万円を借りたのが約30年前のことで、小野はそれをずっと返さずに来ていて、実際に債権者はそういう対応ができるものかと思っていましたが、鈴木や西の関係で多くの債務者に取材すると、債権者は金融は本業でやっているのではなく、友人知人に頼まれ、困っている人間を助ける積りでやっていると思います。生活苦の人たちからは金利を取らないというケースが何件もある。それに担保も取らないし返済の催促もしていない。

関係者〇氏:債権者は、三重県四日市市の漁業の盛んな土地の出身で、30年ほど前の父親の葬儀の時に東京の多くの友人が参列したが、当時の総理の花輪も並び、町始まって以来の花輪の数には正直驚いた。それよりも驚いたのはタクシーの運転手がタクシー代を取らなかったことだった。理由を聞くと、債権者の祖父や実父は自分の家のものを質に入れてでも困った人達の相談に乗り、助力を惜しまなかったからだという。両親からの教育も嘘は泥棒の始まりと躾けられていたから、知人友人の間でも債権者が嘘を言ったことは聞いたことが無いし、金を貸しても催促するのは良くないと教え込まれていたようで、これは取材チームの人たちも多くの債務者から聞いているようで、サイトにも掲載されていた。

関係者●氏:債権者は、小野に対してもそうだけど、嘘が大嫌いだから、嘘をついたり誤魔化そうとすると、本当の話をしなさいと言うことはあったが、しかし、そういう性格を知っていながら小野は嘘をつき続けた。沖縄の知人から2000万円のもらい分があるとか、残土処理の話とか6年間も付き合いのあった上場会社の後藤悟志社長から令和元年8月に8000万円の融資を受けるとか令和2年7月には3億円を受け取るとか。挙句には奥さんの実家の相続財産の話まででっち上げていた。残土処理の話はトンネル工事に絡む何百万㎥という大規模な残土を処理すると言うので、債権者が知り合いの業者に声をかけ、業者が土地を用意することまでやったのに、小野は予定を先延ばしにするだけで、それっきりにしてしまったために信用を深く傷つけてしまった。小野がずる賢いのは、持ち込んだ事案について「ダメになった」とか「上手くいかなかった」とは決して言わず、別の事情を理由にして「必ずできます」というのを常套句にしていたことだ。話を曖昧にしておくことで、いくらでも先延ばしにしようと企んでいたに違いない。 

関係者□氏:債権者は自分に1回でも嘘があったら、(相手が)何回嘘を言ってもいいが、もし自分に嘘があったら借りている立場上言えないという遠慮はせずに言って欲しいということをほとんどの債務者に言っていた。小野についても、令和2年の5月頃から嘘が目立っていたので、同じことを2~3回言っていたのを周囲の何人もが承知していた。

関係者●氏:小野の話には、沖縄の浦添の土地買収の話もあったな。浦添の米軍施設跡地(274ha)の利用計画が昭和54年から策定されているようだが、小野は、自民党の長老議員の関係で市議会や関係機関と話が出来ているので、いくらでも土地を購入でき、最低でも倍になると債権者に持ちかけていた。債権者はすぐには金の都合がつかなかったようで、すぐに返事しなかったが、今から考えると小野の話に乗っていたら間違いなく騙されていたと思う。

関係者〇氏:普通に考えれば、借りた金を催促されないからと言って放ったらかしにしておいて、金を借りてから8年後に公正証書を作成すること自体、小野は無責任過ぎる。債権者が一度整理しなければならないと考えるのは当然だが、訴状を見ると、その時に奥さんを連帯保証人にしたのは、小野が独断でやったことで、公正証書への署名も押印も小野がやったことだから偽造だなどと主張しているが、その後、令和元年にも奥さんを連帯保証人にしている。

関係者□氏:掌返しというか卓袱台返しというか、小野は本当に性根が腐っているから、こういうことを平気でやる。普通の人間の神経では有り得ないことだ。 (以下次号)

緊急匿名座談会 主張に裏付けがない小野敏雄に裁判官も呆れた(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本誌:小野は債権者の知り合いがマンションを借りるに当たっても、嘘を連発していたようですね。

関係者■氏:家賃の支払いが小野の口座で自動引き落としになっているというのも噓だった。債権者から毎月家賃分の現金を預かるという、そんな面倒なことをしてでも現金を預かろうとしたのは、何か姑息なことを考えていたんだろう。現に、小野が計画的に債権者との連絡を絶った昨年の11月30日までに、債権者が預けた家賃分の現金を小野は支払わず、保証会社からの督促があって確認を求めると、しばらくは知らぬ振りをしていたが、支払督促が来てバレたために仕方なく払った。小野が11月30日に相続財産を受け取り債権者に1億1000万円を支払うと言いながら反故にしたことで、債権者はようやく小野の話が全て嘘だったと確信したが、当初は小野が家賃分の現金を横領した。その際に家賃が自動引き落としではなく振込になっていたことが分かった。少しの間でも自分が使おうとしていたようだ。

本誌:小野は自分の金と他人の金にけじめがつけられないのですかね?

関係者■氏:小野は西義輝の運転手をしていた当時給料を月に50万円もらっていたというが、いくつもの会社の役員に就いてダミーをやっていたようだ。

関係者〇氏:西からは全く信用されていなかったことは明らかで、債権者が西から「小野には絶対に金を貸さないでください」と言われていたようだが、小野は猫を被って真面目そうに見えたので、債権者は頼まれたことは全てといいくら聞いてあげたのに、ここまでの悪党はいないのじゃないか。西が債権者から数千万円の金を借りる時は、小野の友人の水野が代行し、金額が億円単位の時には西が自ら運転手の花館を同行しており、小野が来ることは一度もなかった。金の面では全く信用していなかったということだろう。

関係者□氏:借りた金をずっと放ったらかしにしておいて、訴状を見ると、最初に借りた8000万円のことは一切触れていないし、平成8年1月と2月に合計4500万円を借りたと、ありもしない作り話をでっち上げている。しかも平成8年の3月31日に500万円、12月31日に1000万円を現金で支払ったというが、これも嘘だ。もともと返済するという責任感が無いからこういう嘘が平気で言えるのだろうが、小野から聞き取りをした弁護士も、よく「現金で支払った」などと証拠もなく主張できるものだと呆れてしまう。

関係者●氏:訴状で小野が債権者に返済したというものは日時も金額も事細かく記述しているが、それを証明する証拠が一つもない。借りた日時も金額も、そして返済の日時と金額も全て小野の作り話で、弁護士も訴状で主張するしかなかったのだろうが、それで胸を張って弁護士と言えるのか。自分の有利になることには几帳面な人間が、返済等で領収書を受け取らないことなど有り得ない。訴状に添付した証拠類には領収書の類が一つもないが、全てがでっち上げだから、主張の全てが崩れてしまうに違いない。

関係者■氏:小野が委任した弁護士の対応はとにかくおかし過ぎる。小野が債権者との連絡を絶った翌日、すぐにこの弁護士が債権者に通告をしてきたので、債権者も手際の良さに小野の行動が計画的だったと実感したようだが、弁護士は債権者が1週間前後で面談することを希望しても一切対応じなかった。弁護士からの要請に応えて公正証書と借用書のコピーを翌日に送っているが、それでも弁護士は面談を引き延ばすだけ延ばして、結局年明けの1月15日前後になって「小野氏が訴訟にすると言うので、面談は控える」と言い出した。その際には債権者の顧問弁護士に「こういう事態になって申し訳ない」と言っていたようだが、明らかに時間稼ぎでしかないことを分かっていて、弁護士は小野の言うままに対応したうえに、こんな嘘だらけの訴状を作成して裁判所に提出している。本来ならば、弁護士は問題を解決するために債権者にも会って小野の主張を検証したうえで、いわゆる落としどころを探って調整するのが役目のはずだ。債権者は弁護士に「どのような質問にもお答えする」と言っているにもかかわらず、何の調査も調整もしないで、このような訴訟をするとはいかがなものかと思う。

関係者□氏:債権者に聞いたことがあるが、債権者が金銭を貸した知人友人の中で山本丈夫は性格が一番あくどいのではないかと。約30年の付き合いの中でも、この人間の性格が一番嫌いだったが、しかし今回の小野のやり方や主張を見て、小野が山本よりもさらに悪質だと言っている。小野も山本も10億円以上の借金があるのに、過払金があるので戻して欲しいという有り得ない主張が共通している。それに山本は若い頃から北海道で右翼活動をしていたが、小野も同じで、今現在も現役で組織の幹部としてトップの運転手ほかいろいろな雑用をしているようだ。小野は暇があれば色々な所に出かけてはカモになりそうな人間を狙っていると思われているようだが、もともと格闘技が好きでその関係団体のメンバーになっているようだが、それでよく右翼を標榜できるものだ。右翼はある意味で日本男児の男らしい考え方が基本にあると思っていたが、50年前後も右翼の社会にいて、たかだかこれかと思う。

本誌:訴状を見ると、証拠書類の中に本誌の記事もあって、それが小野に対する誹謗中傷だと言っているが、何が誹謗中傷なのか。しかも本誌では合計9本の記事と7本の読者投稿を掲載していますが、そのうちの1本だけを取り上げているのが何とも不可解でならない。しかも訴状を見ると、どうやら債権者が本誌への小野に関する情報提供に関与している点を強調しているが、本誌は情報を精査して裏付けが取れれば記事を掲載するのが建前です。もちろん情報提供者が誰かと聞かれても答える訳はない。また本誌と別のネット情報誌も記事で取り上げているが、考え方は同じと思います。こんな姑息な主張をするくらいなら、本誌に対して掲載している記事の全てを対象に事実無根だと抗議をすればよいのに、それもしないのは明らかに記事内容を認めているに等しい、ということでしょう。今や小野の情報は多くのサイトに掲載されているが、名誉毀損や損害賠償請求の訴えは小野以外には一件もない、という事実も確認しています。それだけ正確な情報ということです。

関係者□氏:とにかく、この訴状は肝心なことが全部抜け落ちている。最前から出ている8000万円の債権債務、債権者からの問い合わせで小野が答えて来たいくつもの入金話とその真偽、特に11月30日付で小野が約束した1億1000万円の支払、300万円の貸金に対する未払金利分として300万円の支払、さらに法人契約での5億円の保険加入等、これらの約束を全て小野は放ったらかしにして知らぬ振りをした挙句にウソだらけの訴状を提出した・・・。

関係者■氏:小野は債権者から保険の加入を強要されたと言っているが、有り得ないことだし意味がない。保険契約をした小野自身が契約後の故意にでも2か月間支払を停止したら、契約は失効してしまう。訴状に添付された証拠の中に保険証券があるが、小野が契約したのは平成10年9月1日のことで、債権者が質権を設定したのは2年後の平成12年12月11日のことだ。債権者が強要したというのなら契約の直後に質権を設定するだろう。それに、小野はずっと保険料を支払い続けていて、失効させたのは債権者との連絡を絶って後のことだ。言っていることとやっていることがあまりにも矛盾しているんじゃないか。

関係者〇氏:保険と言えば、訴状には絶対に許せないような文言があって、債権者が「無許可で貸金業を営んでいる、いわゆる高利貸しである」とか、「金銭を貸し付けては利息が膨らんでいる等と言って金銭消費貸借契約公正証書を作成させこれまでに何人もの債務者から不当に金銭を巻き上げて来た」という事実無根の主張を掲げている。その挙句に、債務者をマインドコントロールしている、その債務者に自殺を教唆しているなどとして何人かの実名を挙げているが、これは明らかに債権者に対する誹謗中傷であり、いくら小野を被害者に仕立ててでたらめな主張を正当化しようとする意図があるとしても、決して許せるものではないから、債権者は小野を別途に名誉毀損で訴える準備を進める考えでいると聞いている。小野は全てに証拠と証人を揃えるべきだ。それができない時には弁護士に対する懲戒請求も検討するべきだと思う。

関係者■氏:もちろん、小野が話をしなければ弁護士だって勝手に主張を展開することはできないが、どこまで裏付けを取ろうとしても小野の話には何の裏付けもないし、特に実名を挙げている中には小野が仕事で世話になった西義輝がいて、西がどういう経緯で自殺に追い込まれたのか、小野はよく承知しているはずだ。そうした人の情をないがしろにして小野自身を正当化しようとしても、逆に小野自身が制裁を受けることになるし、弁護士も同様だ。

本誌:この訴状を見る限り、債権者だけでなく小野を知る関係者の皆さんが、小野に対して深い憤りを感じておられることがよく分かります。今後も、裁判の経過を踏まえて、このような座談会を組んでいきたいと思います。

    お問い合わせ