「藤牧義毅」は破産手続までも詐欺に悪用した

「藤牧義毅」は破産手続までも詐欺に悪用した(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・池袋に拠点を置く韓国人グループを率いる徐(ソオミ)という女が売春防止法(周旋幇助)違反の容疑で警視庁に逮捕された事件を本誌は取り上げた(令和2年2月7日)が、売春のほか闇金融も手掛けて同じ韓国籍の人たちを繰ってでも荒稼ぎを企てていた徐は相当に強かだったが、徐に巻き込まれて闇金融に協力したのが孫銀翼だった。

(写真:藤牧義毅)

孫は徐が約束を破って闇金融での利益を分配しなかったことからじり貧状態となり、債権者から4000万円と2000万円の総額6000万円を借りることになったが、実は債権者に孫を紹介した藤牧義毅と言う人間こそが債権者にとっては最悪だった。
藤牧は「事業資金の融資をお願いしたい人がいるのですが」と言って孫を債権者に紹介したが、債権者から見れば藤牧が連帯保証を買って出るのはごく自然に思われた。ところが、藤牧は債権者が孫に融資をする前後で破産の申し立てをしていたのである。しかも藤牧はその意図を隠して平然と孫を債権者に紹介し連帯保証までしていたのだから、許されることではなかった藤牧の目的ははっきりしていて、孫から手数料を取ることにあった。前述したように、孫の仕事は闇金融だから、いつ摘発されないとも限らず、債権者がその事実を知っていれば融資ができる相手ではなかった。そして案の定、徐が警視庁に逮捕されと孫は行方をくらませ韓国に逃げ帰ったようである。そして、藤牧もまた債権者に対してはさまざまに言い訳をするようになった。破産宣告を受けることによって、藤牧は法的には債務の返済を逃れることができたとしても、藤牧が孫を紹介し、孫への融資で連帯保証をしたという債権者に対する責任の重さは消えるものではない。

(写真:徐吾彌 ソオミ)

藤牧は「母親には1000万円以上の預金があるので、それを借りて借金返済の一部としてお返しします」と債権者に言ったが、いつまでも実行せず、その後には「栃木県に数千坪の土地があって、所有している友人も了解しているので、それを売却して返済に充てます」と言って、債権者から相手に渡す内金500万円を受け取っていたにもかかわらず、それも実行されないまま時間が過ぎたことで、藤牧に対して支払いの請求をすると、藤牧は弁護士を介して「債権者に詐欺的な土地売買交渉を迫られ、脅かされた」と虚偽の作り話をしてまで返済の責任を逃れようとしたが、それは決して許されることではない。債権者から土地取引の内金500万円を受け取っていたのは、明らかに詐欺、横領の犯罪だった。
藤牧はいつまで、このような状態を続け、債権者から逃げ回る積りなのか。債権者に対して一言でも謝罪する気は一片もないのかとさえ思われる。債権者の多くの関係者が、藤牧が債権者に謝罪して善後策を講じると約束するまで絶対に許さないというが、関係者の執念からすれば、藤牧が何処に逃げ隠れしようとも必ず見つけ出す勢いであるから、藤牧はそろそろ潔い態度を見せてはどうか。このことについて身内は知っているようだが、今後は身内の名前も掲載を検討している。(以下次号)

「藤牧義毅」は破産手続きまでも詐欺に悪用した(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手の石川さゆりが設立した「カミパレス」で管理職を務めていた藤牧義毅。周知のとおり、同社は1980年代に石川さゆりの個人事務所が立ち上げた事業だったが、後に種子田益夫が関与したことで不正融資事件に巻き込まれ石川自身が10億円前後の債務責任を負った。カミパレスは収益の見通しがつかない状況下で充分な担保を設定しないまま、銀行頭取の承認と石川さゆりの連帯保証を得て迂回融資を行い、銀行へ損失を与えた経緯がある。カミパレスは平成11年10月20日に破産宣告を受けたが、その後、藤牧は種子田の下でカミパレスの清算処理を担っていた。
その藤牧が債権者を騙した詐欺事件である。

(写真:藤牧義毅)

藤牧義毅は連帯保証をした責任を今も果たしていない。孫銀翼という韓国人を債権者に紹介して「私が保証人になるので金を貸してあげてほしい」と言う。それで債権者は4000万円と2000万円(いずれも元金)を貸したのだが、結局は騙し取られる格好となった。孫が債務返済をしないまま行方不明となり、韓国に帰国した事実が後日になって判明したからである。孫の紹介者であり連帯保証をした藤牧が実際には孫から受け取る紹介料が目的で孫を債権者に紹介したことも後で分かった。自分が持ち込んだ話で全く無責任この上ないやり方であることは藤牧自身が百も承知していたことだ。

藤牧は、その後、「母より1000万円を借り、他に栃木の土地でカバーする」と約束したが、どちらも反故にしてしまった。それどころか、数年もの間行方知れずとなってしまったのである。
藤牧が失踪して10年以上になる。債権者側が調べて藤牧の所在が判明してからでも6年前後が経っているが、藤牧は「自己破産して免責になっているから、もう関係ない」と弁護士を介して主張しているが、果たしてそれでいいものなのか。何より自己破産は債権者に事前の通告もなく管財人弁護士から突然に知らされたことで、藤牧からは謝罪の言葉もなく、前述したように母親から1000万円を借りて返済の一部に充てるとしたり、あるいは藤牧の友人が栃木に所有している土地を売却して返済すると言って債権者から手付金に当たる500万円を受け取ったまま事実上横領してしまった。完全に債権者を騙した中での自己破産手続きだったのである。不可解なのは、裁判所が何故免責を認めたのか、という点である。藤牧の破産開始手続きを進めた管財人弁護士が債権者に送って来た通知書には「(債権者が)詐欺的な土地の売買交渉を進めることを迫り」とあるが、債権者の関係者によると、「栃木の土地売却の話を持ち込んだのは藤牧自身であり、それ故に債権者は藤牧に500万円を支払った。そうした事実確認を管財人弁護士は怠り、債権者を悪者にしてしまった。裁判所は管財人弁護士の報告を受けて、というより藤牧の言い逃れで主張した虚偽証言をそのまま裁判所に報告したので、藤牧の免責が認められたとしか言いようがない」
前述の管財人弁護士の通知書には、他にも「(債権者が)暴力団関係者らしき野呂周二(注:周介の間違い)に取立を依頼すると申し向ける」と書いているが、野呂周介は種子田益夫が懇意にしており、その関係を藤牧が知らぬはずはなかった。藤牧自身がカミパレスで日常的に石川さゆりと種子田の業務に係るメッセンジャーをしていたから当然であるが、この管財人弁護士の通知からも分かるように、藤牧の虚偽証言をそのまま免責の理由にして裁判所に報告した事実が窺える。

このように、藤牧に対する自己破産開始手続きがあろうと、債権者の債権が免責になるはずはないゆえに、藤牧は責任を免れようはない。債権者の関係者が言う。
「孫からの紹介料欲しさに連帯保証まで買って出て債権者に融資させ、孫の事業が思わしくなくなるや、全責任を負うべき藤牧が破産手続きまでして逃れようとした行為を許してはいけない。しかも免責は全て藤牧の嘘の申告を前提にしているから事実上は無効で、それを承知で関係ないと言っている藤牧は本当に許せるものではない」
藤牧は自分の都合が悪くなると、すぐに弁護士を立てて債権者との面談を拒否する卑怯な臆病者という。
いい加減に逃げ回ることをやめて、直接債権者なり債権者の関係者と接触をして面談の機会を設けてはどうかと思う。このままで済むはずがない状況を、藤牧は自らさらに悪化させようとしていることに早く気付くべきだ。今後は藤牧の家族や身内にも影響が出るのは当然のことである。

 

「藤牧義毅」は破産手続までも詐欺に悪用した(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真:藤牧義毅)

藤牧義毅は債権者を二重三重に騙しておいて、その嘘がバレて都合が悪くなると行方知れずになり、さらには隠れ潜んでいる先に債権者の関係者が連絡を取ると、急いで弁護士に頼み、藤牧がすでに破産宣告を受けているので債権者の債権は免責になっているとの通知書を送らせるなど、極めて非常識で無責任な対応を繰り返し、典型的な詐欺師と言っても過言ではない。裁判所が破産を認めたと言っても、それは後述するように嘘の申し立てだから、事実上は無効なのだ。

藤牧は、過去に自己破産手続きを取り、裁判所から免責を受けるという手続きが取られている。しかし、管財人から債権者宛に送付された書面によれば、「(債権者が)詐欺的な土地の売買交渉を進めることを迫り」と言うが、藤牧本人しか知らないことで、債権者には土地のことは分かる訳がなかった。債権者の関係者が言う通り明らかな虚偽申告だった。関係者が言う。
「藤牧が連帯保証をしている債務の返済のために栃木の土地売却の話を債権者に持ち込んだもので、債権者は藤牧に500万円を支払った。管財人の話は事実と全く逆だ。管財人弁護士は藤牧の言われるままに事実確認を怠り、債権者を悪者にしてしまった。しかも、藤牧は『秀信』という通称を使い分けていて、管財人が債権者に送った書面では『藤牧秀信』としながら、免責決定の通知では『藤牧義毅』となっている。このことだけでも、藤牧が嘘の言い訳を管財人にしている事実がはっきりするのに、裁判所は管財人弁護士の報告を受けて、というより藤牧の言い逃れで主張した虚偽証言を管財人がそのまま裁判所に報告したので、藤牧の免責が認められた、明らかな詐欺だった」

(写真:藤牧の長女奈峰の自宅)

また、管財人弁護士の通知書には、他にも「(債権者が)暴力団関係者らしき野呂周二(注:周介の間違い)に取立を依頼すると申し向ける」と書いているが、野呂周介氏は藤牧を雇用していた種子田益夫が懇意にしており、その関係を藤牧が知らぬはずはなかった。藤牧自身がカミパレスで日常的に石川さゆりと種子田の業務に係るメッセンジャーをしていたから当然であるだけでなく、債権者が藤牧と一緒にいる時に偶然に野呂氏に会い、食事をご馳走になったことさえあったくらいである。それ故、この管財人弁護士の通知からも分かるように、管財人が藤牧の虚偽証言をそのまま免責の理由にして裁判所に報告した事実が窺えるのだ。

藤牧は連帯保証をした責任を今も果たしていない。韓国籍の孫銀翼を債権者に紹介して「私が保証人になるので金を貸してあげてほしい」と言ったのが始まりで、債権者は4000万円と2000万円(いずれも元金)を貸したのだが、結局は孫にも藤牧にも騙し取られる格好となった。孫が債務返済をしないまま行方不明となり、韓国に帰国した事実が後日になって判明したが、その後に藤牧が虚偽の返済計画を債権者に話して時間稼ぎを繰り返す中で、前述したように孫から受け取る紹介料が目的で孫を債権者に紹介したことが判明したのだ。

(写真:藤牧の次女祐衣の自宅)

藤牧が債権者に言った返済計画は「母の定期預金より1000万円を借り、他に栃木の土地でカバーする」という約束だったが、どちらも反故にしてしまった。それどころか、数年もの間行方知れずとなってしまったのである。
破産管財人による虚偽申告で裁判所が認めることになった破産宣告は、明らかに藤牧による詐欺であり犯罪に等しい。新たな弁護士が関係者にそれを告げたとしても、債権者の債権が免責になるはずはないゆえに、藤牧は債務不履行の責任を免れようはない。

いい加減に逃げ回ることをやめて、債権者なり債権者の関係者と接触をして謝罪することを真剣に考えるべきではないのか。藤牧は自ら事態を悪化させていることで、2人の娘や家族にも悪い影響が出るのは必至だ。藤牧は自身が何の言い訳もできずに娘たちに追及される姿を思い浮かべたことがあるか。それほどまでに藤牧だけではなく2人の娘たちもその家族も惨めな赤っ恥をかくことが目に見えているのに、このままの状態を続けていれば、藤牧は本当に家族や身内を不幸に陥れ、自身も言い逃れなどできない場面が来るのは間違いない。(つづく)

    お問い合わせ