余りの非常識さに呆然と怒り 多くの被害者が「篠崎奈美子」を告発!!

余りの非常識さに呆然と怒り 多くの被害者が「篠崎奈美子」を告発!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7年ほど前の平成27年頃からインターネット上に頻繁に顔を出し始めた篠崎奈美子という女性がいる。見た眼には化粧の派手さばかりが際立ち、作詞や作曲、あるいはさまざまにポーズを取った姿の写真や動画をふんだんに公開している。経歴には誰もが知る有名人との関りを強調するなど、非常に目立ちたがり屋という印象だ。本人が公開しているプロフィールを見ると、生まれは福岡市で今年41歳になり、自身が代表を務めるMUTTY Online STORという会社でWeb制作(ホームページや広告等)やフォトショップ、化粧品の通販事業等を手がけているようだが、業績は一切公表していないので不明だ。問題は同社が別に手がけるSNSのフォロワー数を販売する商売が詐欺まがいの手口で行われている、という疑惑だ。

(写真 篠崎奈美子)

先ごろ篠崎に関して複数の投稿が寄せられているが、篠崎がこの商売を行う上では「SNSガールズ」の名称で客の目を引くために同業他社と比べて格安な料金を設定して呼び込んでいる。
手口が詐欺まがいというのは、前払いで客から大量の注文を受け付けておいて、途中で「発注先でトラブルが起き、注文数の未完了分の責任は負えない」という趣旨の返事を返す。そして注文した残数の消化もしないし返金もしないという商道徳から大きく外れたことをぬけぬけとやって平気な対応をしている点にある。
販売した商品に欠陥や問題が生じれば、商品を正常なものに取り換えるか返金をするのが販売者の責任であるのは当然だ。篠崎が販売しているフォロワー数については、未完了であれば、それを補填して完了させるというのが販売者として当然のことであるのに、篠崎は全く正反対の言い訳をする。
例えば、これは篠崎が客の問い合わせに送ったメッセージだが、「こちらは、かなり低価格で提供し、トラブルの場合の保証もありなら、倍以上の料金を戴かないと、厳しいと会社内で決まりました」などと責任は一切自分にはないという始末で、正に開き直った話ではないか。20代で社会人になったばかりならいざ知らず、41歳にもなってこれほど非常識な言動を繰り返すのだから、篠崎は自身を振り返って反省し、取るべき責任を自覚すべきではないか。
低価格でのサービスを提供すると自社のホームページに謳っていながら、トラブルが起きたら保証はしない、返金もしないというのは明らかに身勝手、というより、そもそもトラブルが起きるかもしれない商品であれば、販売する際にそのリスクを告知する義務が販売する側にはあり、これは法律で決められていることだ。しかも、注文した商品の数が販売者側で揃わないのであれば、前払いで受け取った分から責任を果たせない分を客に返金するのは当たり前のことである。しかし篠崎は「これ以上、再発送は致しかねます。再発送の場合は全額こちら負担になり大赤字になります」とまで言う。注文を出した客からすれば、篠崎の現場で起きたトラブルのリスクを負う義務は一つもなく、それは篠崎の会社が負うべき管理責任ではないか。しかも客が支払いを済ませた時点で契約は成立しているから、篠崎の行為は契約不履行であり、損害賠償を伴うものだ。
さらに篠崎は「そのかわり、残りの回数をそのままの価格にてサービス提供は可能です。これ以上の事は出来かねます」と言って、残数分の二重販売まで仕掛けているが、それこそやってはいけない確信犯的な詐欺行為と言わざるを得ない。
そんな商取引における当然の原則が篠崎には分かっていないのか、それとも分かっていても損失を出すのがイヤでへ理屈をこねているのか、どちらにしても篠崎は販売業者としての資格は全くないと言って過言ではないほど悪質な発想を持った女性であるようだ。
恐らく、この記事を読んだ読者の中にも投稿を寄せた客たちと同様の被害を被っている人が、まだまだたくさんいるのではないかと思われる。
ちなみに、篠崎は客とのメールによる応対でいくつかの偽名を使い分けている模様で、投稿を寄せた客に対しては本名の篠崎姓を名乗っておらず、客が代表者の連絡先を尋ねても、社長には取り次げないと平気で他人を装うような所が見受けられたが、客が正式に篠崎との取引を打ち切る通告をして返金を求めた際に、篠崎が返してきたメールには、あまりにも酷い文言が並んでいた。
客が大量の数を注文したことに難癖をつけての事か、「初めからその目的で購入したと注意していたので、こちらも専門の方に相談しており、その方に対応いただく予定です」と言い、客のアカウントを指して「あのアカウントはヤクザ系のアカウントなので、増えません。反社会勢力などは、増えません。こちらも、専門の方がいますので、相談済みです」とまで断定しているが、その根拠は何処にあるのか。客との取引を始める際に客に素性の確認を求めることをしないで、ただ、安価な商品であることを強調して注文数を増やさせるような持ちかけを何回も行っていたのは篠崎の方であることは、客が記録として残した全てのメールのやり取りからも明らかであって、篠崎の言動は自分勝手な想像に基づく言いがかり、客に対する事実無根の誹謗中傷であり、客個人だけでなくYouTubeに登録しているチャンネルに対する名誉毀損、信用毀損に該当することは明らかだ。客はすでに篠崎を告訴する手続きを進めているという。そして篠崎はこうも言っている「本日、東京で、高市早苗さんやその他国会議員に、招待されています。親が。貴方の事もあまりに、酷いようなら、調べていただきますね」と。これは、いったいどういう意味に捉えたらいいのか、奈良県出身の高市早苗議員が篠崎を保証するとでもいう意味か、それとも国会議員の名前を出せば、客が怯むとでも思ったのか。そのどちらでも、客に対して引き起こした問題とは全く関係ないことで、必要ならば、取材チームが客に代わって高市議員から話を聞くこともあるだろうし、また篠崎の親にも確認する必要があるだろう。特に篠崎の親は、篠崎の非常識な振る舞いや商取引の原則を踏み外すようなやり方をどう思うのか。篠崎の言動は人間性まで疑ってしまうもので、客のクレームを一切受け付けないという態度も、一切の責任を自分以外に転嫁して、「(客のことを)注意していました」とは何たる言い草かと呆れるばかりだ。

(写真 篠崎奈美子)

1990年代から急速に普及したインターネットの世界では、TwitterやYouTube、Instagram、FacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が日常の人と人の交流で欠かせないものになっているが、例えばYouTuberに象徴されるように、ネット上で動画を公開すると、人気の度合いに応じてその動画に広告がつくことによって動画の公開者に収益がもたらされることから、多くの人たちが自作の動画を公開する中で、なかなか視聴者が集まらないとか、評価が上がらないなどの声を拾って、篠崎のように「安い料金で数を増やせますよ」と誘う業者が多く存在している。ビジネスが隙間であるために業界そのものが認知されていないようだが、それだけに悪質な業者が後を絶たないのだろう。業者の中には、客の後ろめたさを逆手に取って好き放題のいい加減な販売をして責任を取らない者も多いと聞くが、あえて言えば、販売する側の責任の方が大きいように思われる。数を増やしたいという動画公開者がどれだけいたとしても、それを販売する業者がいなければ、成り立たないからだ。そう見れば、篠崎はまさにそれを実践している業者と言えるのではないか。(つづく)

余りの非常識さに呆然と怒り 多くの被害者が「篠崎奈美子」を告発!! (2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠崎奈美子の商売は明らかな詐欺であり犯罪だ。しかし、篠崎自身にはその認識が全くない。恐らく被害者を作っている手口を篠崎は常習的にやっているに違いないから、感覚が麻痺してしまっているのではないかとさえ思われる。

写真:篠崎奈美子

フォロワー数を注文した依頼人から前払いで代金を受け取りながら、その後、SNSガールズが再発注した先でトラブルが発生したので、依頼者の注文残数は中途で諦めてもらうより他ないと言って、返金にも応じず、注文数に満たなかった残数を依頼人に二重販売しようとした。これが篠崎(SNSガールズ)の手口である。再発注先のトラブルとは何か、篠崎はその説明も一切せず、ただ自分に責任はないと言い募る。しかし、ネット上にHP(ホームページ)を立ち上げて他社よりも安価な商品を宣伝して、注文をした依頼者から料金を前払いで受け取った責任は篠崎(SNSガールズ)にあることは明白だ。その責任を全く無視して、返金に応じないのであれば、最初から詐欺を仕組んでいたと言わざるを得ない。

 

試みに「篠崎奈美子」で検索してみると、「安いインスタグラムいいねとフォロワーのsnsgirl」というサイトが紹介されている。そのサイトは篠崎の会社MUTTY  Online STOREの概要が掲載されているが、「商品が注文内容と異なる場合又は商品に瑕疵があった場合は、商品到着後8日以内に限り返品を受け付けます」と謳っている。篠崎は言っていることとやっていることが全く正反対ではないか。依頼人が被った被害は、そもそも依頼人には何の問題もなく、しかも注文が途中で途切れるというのは、明らかに商品に瑕疵があることではないのか。返品を受け付けると自社のHPで公言しているなら、注文に応えられない残数を補填するなり、返金をするのは当然であって、「再発送すれば、大赤字になる」とか「クレームは不可です」などと言えることではない。まして、たまたま依頼者が相当数の注文をしたのを捉えて、さらに大量の注文勧誘をしたのが篠崎であったことを、篠崎は忘れてはいないはずだ。依頼人が注文した数が数日間伸び悩んでいる状態に気付き、その理由を尋ねる連絡をしなければ、篠崎はいつまでも依頼人に連絡さえしなかったのではないかと思われるほど、篠崎には商品を販売している会社の代表者としての責任感が一切見られない。

写真:篠崎奈美子

篠崎は依頼人本人とYouTubeの登録チャンネルを誹謗中傷した挙句、どういう関係があるのかも全く不明な地元奈良出身の高市早苗議員の名前まで出して、依頼人をけん制した。篠崎が引き起こしている問題と高市議員に何の関係があるのか。しかも、高市議員と付き合いがあるのは篠崎の親であると言うが、本当であるかどうかは定かではないし、関係があろうがなかろうが、それこそ関係が無いことだ。ちなみに篠崎の親は、篠崎が非常識極まりない言動を繰り返している事実をどこまで知っているというのか。安価という宣伝で客の目を引き、トラブルが起きる危険性があることを客に告知する義務さえ果たさず、料金を前取りした挙句に注文に応えないという行為は詐欺に等しいということを、親が篠崎に教育したとでもいう積りなのか。全く篠崎の言動は支離滅裂である。

篠崎が依頼人に謝罪もせず、このまま問題を放置するのであれば、依頼人は法的手続きを始めあらゆる手段を講じると明言していることはすでに前号でも触れたが、篠崎には自身が犯した非道な行為を深く反省させ自覚させることが必要であろう。(つづく)

 

余りの非常識さに呆然と怒り 多くの被害者が「篠崎奈美子」を告発!!(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真 篠崎奈美子)

娘のやっている商売が明らかな詐欺であり犯罪だということを知ってか知らずか、告発者が親に問い合わせをしても一切応対しないというのは、娘の悪事に対しても親が容認あるいは応援していることになる。本誌はこれまでに篠崎奈美子の商売が犯罪にも等しいことを2度にわたって取り上げたが、それに対して篠崎が被害者に謝罪もせず反省する対応が一向に見られないどころか、逆に一切無視を決め込んでいるとしか思われないことから、去る4月中旬、被害者が篠崎の父と思われる正信氏に対し確認を求める書面を送付したが、正信氏もまた反応を示さないまま今に至っている。篠崎は自身のやり方が明らかに刑事事件になる可能性が高いという認識すらなく、被害者を生み出す手口を常習的にやっているに違いない点を強く指摘した。正信氏もそれを知れば、親として娘に事実確認を踏まえた叱責をして、被害者に然るべき対応をするのが当然と思われるが、現状でそれもないのであれば、同じ穴の狢と捉えられても致し方ないことと思われる。

SNS(ソーシャルネットワークサービス)としてインターネット上で提供されているTwitterやInstagram、YouTube等で、篠崎および篠崎が経営するSNSガールズはフォロワー数を注文した依頼人から前払いで代金を受け取りながら、その後、同社が再発注した先でトラブルが発生したので、依頼者の注文残数は中途で諦めてもらうより他ないと言って、返金にも応じないどころか、注文数に満たなかった残数を依頼人に二重販売しようとした。これは篠崎(SNSガールズ)の常習的な手口であることが強く疑われる。篠崎は同社の再発注先のトラブルが何であるかの説明も一切せず、ただ自分には責任はないと言い募った。しかし、ネット上にHP(ホームページ)を立ち上げて他社よりも安価な商品を宣伝し、注文をした依頼者から料金を前払いで受け取りながら注文に対応していない責任は篠崎(SNSガールズ)にあることは明白だ。依頼者には全く関係ない再発注先で発生したトラブルの責任を全く無視して、返金に応じないのであれば、最初から詐欺を仕組んでいたと言わざるを得ない。

「安いインスタグラムいいねとフォロワーのSnsgirl」というサイトは、篠崎の会社MUTTY Online STOREのHPにある勧誘文句で、概要を見ると「商品が注文内容と異なる場合又は商品に瑕疵があった場合は、商品到着後8日以内に限り返品を受け付けます」と謳っている。それにもかかわらず、篠崎の言っていることとやっていることが全く正反対なのだ。依頼人が被った被害は、そもそも依頼人には何の問題もない所で発生し、しかも注文が途中で途切れるというのは、明らかに商品に瑕疵があることである。返品を受け付けると自社のHPで公言しているなら、注文に応えられない残数を補填するなり、返金をするのは当然であって、篠崎が被害者に送ったメールの返信文にあるような「再発送すれば、大赤字になる」とか「クレームは不可です」などと言えることではない。まして、たまたま被害者が相当数の注文をしたのを捉えて、さらに大量の注文勧誘をしたのが篠崎であったことを、篠崎は忘れてはいないはずだ。被害者が、注文した数が数日間伸び悩んでいる状態に気付き、その理由と対処を尋ねる連絡をしなければ、篠崎はいつまでも依頼人に連絡さえしなかったのではないかと思われるほど、篠崎には商品を販売している会社の代表者としての自覚や責任感が一切見られない。

篠崎は返信文で被害者個人とYouTubeの登録チャンネルを誹謗中傷した挙句、どういう関係があるのかも全く不明な地元奈良出身の高市早苗議員の名前まで出して、依頼人をけん制した。篠崎が引き起こしている問題と高市議員に何の関係があるのか。しかも、高市議員と付き合いがあるのは篠崎の親であると言うが、本当であるかどうかは定かではないし、関係があろうがなかろうが、それこそ関係が無いことだ。そこで被害者が、篠崎の親が高市議員とどのような関係にあり、なぜ篠崎がそれを被害者への返信文で明らかにしたのかを父の正信氏に尋ねたという。また、篠崎の親は、篠崎が非常識極まりない言動を繰り返している事実をどこまで知っているというのか。安価という宣伝文句で客の目を引きながら、トラブルが起きる危険性があることを客に告知する義務さえ果たさず、料金を前取りした挙句に注文にも満足に応えないという行為は詐欺に等しいということを、親が篠崎に教育したとでもいう積りなのか。そうしたいくつもの疑問を親に問い質したにもかかわらず、篠崎の親も沈黙しているのは決して看過できないことである。

篠崎が依頼人に謝罪もせずこのまま問題を放置し続け、親もまた対応しないのであれば、被害者は法的手続きを始めあらゆる手段を講じると明言していることはすでに触れたが、篠崎自身が犯した非道な行為を深く反省させ自覚させることが、親としての最低の務めではないのかと思われる。(つづく)

    お問い合わせ