超高額の車の購入代金(10数台分、約8億5000万円)を騙し取られた千葉宰揮が車の整備で債権者に紹介してきた米山宏幸という人間も最低の人間だった。
債権者が米山に会った当初は、千葉が悪質な詐欺師であることが分からなかったために、米山も千葉同様に悪事に手を染めているかどうかも承知していなかったが、債権者が千葉に預けた車(ランボルギーニ・デュアブロ)の修理・整備代金200万円が未払いになっているということで、債権者が立替払いをする対応をした後に「購入したい」と言うので、それも了解したが、米山は債権者に支払わなかったのである。債権者は米山が「会社の資金繰りが上手くいかない、どうしても貸して欲しい」と言うので650万円を貸すこともしたが、そうした債権者の気持ちを逆なでするように妻ともども自己破産の手続きを取るなど、極めて非常識で無責任な対応を取り続けた。

最初に自己破産の手続きを取ったのは妻の陽子の方で、債権者が妻の勤務先に対して給与の差し押さえをしたところ、米山が「格好悪いので、取り下げてください」と懇願し、具体的な返済計画を言ってきたので取り下げたら、その隙を狙って破産宣告をするという、あまりにふざけた対応だった。
米山は、車の購入代金と貸金の合計2600万円について何度も支払方法を債権者に伝えながら一度として約束通りに実行したことが無く、同様のことを何年間にもわたって繰り返すために、そのたびに債権者は根気よく米山に付き合わざるを得なかったが、それも限界になっていたところ、米山もまた自己破産の手続きを取ったことが弁護士を介して債権者に伝えられたのである。
米山も妻も明らかな詐欺破産であり、両人が破産管財人に対してどのような釈明をしたかに拘わらず、現に存在している債務に対する米山自身の直筆の借用書や念書、さらに公正証書等の書類(妻陽子が連帯保証)が返済に関わる不履行を証明している限り、自己破産手続きが実態を伴っていないことは明らかだ。

債権者から借り入れた債務を放ったらかしにして、すでに20年以上が経過する中で、米山が今、負っている債務は約2億円にまで膨らんでいる。返済の約束をしながら、いざとなったら反故にして知らぬ振りを決め込み、揚げ句に債務返済を逃れようとして悪質な詐欺破産を仕掛けて、それが認められたと言って「債務は免責された」と強調したところで、そんな言い訳は一切通用しないことを米山も妻の陽子もしっかりと自覚するべきだ。2人とも全く反省の様子が無く悪質過ぎる。特に妻の陽子は相当に横着な性格のようで、給与を差し押さえられたことで恥をかいたとでも逆恨みをしたのか、債権者の関係者が訪ねてもまともに対応しようとはしていないという。しかし、そのような態度を続ければ2人の娘(絵美、梓)にも大きく影響するのは当然のことである。(つづく)