「刑事告訴取り下げ願い」まで書きながら10年以上も逃げ回る
債権者からカウンタック40台前後の購入代金を数台分ずつをまとめて預かりながら、実際には購入せずに何台分も横領したのが千葉宰揮である。債権者が千葉を知ったのは35年以上も前のことであった。スーパースポーツカーを特集する雑誌に掲載されていた広告を見て会うようになったが、人当たりも良く、会話での受け答えもしっかりしていたので好感を持ったことが、千葉が債権者の会社に出入りするきっかけになったという。
しかし、それが間違いだった。債権者が車好きであることに付け込んで購入を勧め、注文を受けた車を納車するとすぐに新たな車の購入注文を受けるという流れを作って、千葉が債権者から受けた車の購入はトータルで40台前後にも上っていた。
ところが、その間にいつまで待っても納車されない車が何台もあったのだ。当初は、債権者が購入しようとした車が市場にはあまり出回っていないこともあるために多少は手間取ると考えていたが、あまり時間をかけても手に入らないようであれば次のチャンスを待つしかないとして、千葉に渡した購入代金の返還を求めた。しかし、千葉は「分かりました」と言いながら預けた代金の返還をしない。そのため、債権者が強く返還を求めるようになると、千葉が購入代金を着服したことを白状した。

平成4年から同5年にかけて、当時は千葉を知ってから10年以上が経っていたが、それまでに千葉が横領した金額は6億円以上にも上っていた。車の台数にすると10台分以上にもなっていた。
車関係の仕事をしていて債権者の所に出入りしていた人間は何人もいたが、これほど多くの車の代金を横領したのは千葉くらいであり、事態が発覚して債権者が改めて千葉の業界での評判を尋ねてみると、典型的な詐欺師だという声ばかりが聞こえてきた。
千葉は債権者が購入をしようとする車の発注書や発注先からの書面等を偽造して債権者に渡していたため、債権者にはなかなか千葉の嘘を見抜くことが出来ず、また、千葉から頼まれて運転資金を貸すこともしたためにその金も騙されたという気持ちが強かったが、千葉が返済を約束してそのたびに借用書や確約書といった書面を作成していたために千葉の対応を待った。
しかし、千葉は一向に約束を守らず、会うたびに嘘を重ねていた。債権者に状況を報告するとして定期的に連絡を入れると言った約束も守ろうとしなかった。
平成7年2月には、千葉が債権者に約束した債務の返済がほとんどなされなかったために、その時点での千葉が負うべき債務の総額は約8億9000万円にも上っていたのである。
千葉は債務弁済公正証書を作成した。その際に千葉伸子という女性が連帯保証をしたが、実はこの女性は千葉の内縁関係にあり、千葉姓を名乗っていたのは戸籍上で養女になっていたからだった。
それから約3か月後の5月10日に千葉は債権者に改めて「刑事告訴取下げ願い」という書面を作成して、「私儀、私文書偽造等による詐欺横領告訴の件の取下げをお願い申し上げます」と自筆で書いているが、この時に同行してきた女性は前述の千葉伸子とは別の女性で、金明子と名乗った。

千葉には本妻に当たる女性と2人の子供が北海道にいる。伸子は千葉に騙された可能性が高いが、金明子は千葉とは同類のようで、自分が千葉の対応に責任を持つと債権者に約束し、また所有していた車を担保にして新たに173万円を借り受けながら、その後、千葉とともに行方をくらませてしまった。千葉は「金明子の父親はヤクザ」と言って債権者を脅かそうとしたことがあったという。債権者が「私を脅す積りか」と尋ねると、千葉は慌てて「いや、そういう意味じゃありません」と言って怯んだようだが、千葉は人間姓が悪すぎた。
ちなみに、千葉の連帯保証をした伸子は、その後父親が債務の一部を支払うことで債権者と和解し、戸籍も解消しており、また千葉の札幌時代の先輩が一時千葉の債務の一部を保証した時期があったが、これも同じく一部を清算する形で和解しているという。千葉は、周囲の人間を巻き込んでおいて、自分だけが逃げ回るような人でなしと言うほかはない。

住民登録で調べても、千葉が最後に届けていた区役所の記録が職権により除却されているため、千葉と金明子は所在を不明にしたまま10年以上も逃亡生活を続けているが、千葉は無責任極まりなく、前述の区役所が千葉の住民登録を職権で削除したのも千葉が刑事事件を起こした可能性が高いことを窺わせている。
過去20年以上も前に千葉は刑事被告人になっていたはずだ。それを債権者が温情で告訴までしなかったことを、千葉はなぜ恩義に感じなかったのか。その場をしのぐためだけにウソの約束をして書面を作成するような人間は、必ず事件を起こす。千葉も例外ではないと思われるが、債権者の関係者達は千葉を絶対に許せないとして「どこに隠れていても、必ず見つけ出す」という。
「いざとなれば債権者は千葉に対する債権を何人もの専門業者に分割譲渡することになるが、何より千葉が無責任に逃げ回っている間に今、千葉が負うべき債務総額は莫大な金額になっているが、債権者は謝罪すればできる範囲で済ますことが出来ると答えている。しかし、このままいつまでも逃げているなら、その時にはインターネットに千葉の悪事だけでなく、家族や身内全員の実名が公表されることになるから、千葉の奥さんや子供たち、それに金明子の関係も世間の非難にさらされてしまいかねない。今になって家族や身内の多くが路頭に迷うことになるというのに、それでも千葉はまだ自分のことしか考えず、放ったらかしにする積りなら、千葉をトコトン追い詰めることになる」(つづく)