読者投稿 「後藤悟志」(17)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《後藤という男の欲深さを現わしているのは、やはり下請けからのB勘である。後藤悟志は会社の売り上げと同様に自分の財布も大切なのだ。ファクタリングとB勘で下請をいじめると、親から受け継いだ会社なのに、自分の失態で潰してしまうことになるぞ。後藤には周囲への感謝もへったくれもない》

《この記事が本当だとすると、間もなく日本の経済界を震撼させる汚職事件がテレビの報道番組や情報番組、さらには週刊誌にも連日のようにこの兄弟が登場することになる。顔写真はおろか、動画やSNSで家族の事も拡散するだろう。栄枯盛衰を地で行くファミリーだ》

《一旦後藤のグループ企業の下請業者として組み込まれたら、蟻地獄のように抜けられなくなってしまう。記事の初回の頃では下請業者から非難等の声は上がっていない模様との記述があったが、下請にしてみると潰される可能性があるので表立って言えないのが現状だろう》

《卑しい顔つきだね、兄弟揃って。人相っていうのは確かにあるようだ。同じ金持ちでも、もう少しすっきりした人相の人は沢山いますよ。他人の恨みがそのまま映し出された感じで、これじゃあ金積まれても女は拒むよな》

《後藤悟志の社長就任が平成8年とすると、かれこれもう25年ほど社長業をやっていることになる。25年もの間、社員、下請けを泣かせて自分だけが甘い汁を吸い、挙句の果てには脱税での錬金。よく今まで明るみにならなかったものだ。しかし悪が栄えた試しはない。このあたりが限界ではないか》

《追徴課税が30億円は下らないだろうと記事に載っていたが、これだけネットに色々な情報が寄せられ騒がれているのだから、早く国税局も動かないと国民の信頼を失うことになる》

《後藤が所有している高級車の数々、名義はどうなっているのだろうか。節税を考えれば法人名義だろうか。果たしてビルメンテナンスという商売で、こんな高級車が10台も必要とは考えられず、税務署もおいそれと会社の経費とはさせないのではないか。こんなことが罷り通るのであれば、この国は歪んでいる。金持ちに手厚く、貧乏人には冷たい・・・もし国が大目に見ても、この男は絶対に許されない》

《日本昔話ならば、こういう悪党は正義の味方が退治してくれて、弱い者を助けてくれるだろうに、今の世の中に正義の味方は存在しないのか? 政治家と官僚との癒着も目に余るが、誰か後藤をやっつけてくれる人はいないものか》

《これほどの名家である兄弟の事件に関する情報となれば、日本だけに留まることは決してない。韓国、中国をはじめアジア諸国や欧米にまで広がる、まさに日本の恥晒しだ》

《杉並区にある後藤の豪邸の前はよく通るが、記事に載っている写真を見てビックリした。あの家に間違いない。こんな悪徳経営者が住んでいたのか。今度、出入りする人間達の写真を撮って投稿してみようか》  (以下次号)

2020.10.08
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

お問い合わせ