読者投稿 「鈴木義彦」(71)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《鈴木は西の性格を見極めていたと思う。親和銀行事件、志村化工の件等で、言葉では西会長と呼び、土下座までして自分を助けて欲しいとすがり、多額の配当金を支払う約束もした。しかし自分が安全な立場になった時には豹変し、言葉使いも変えた。そして、40億円(合意書破棄の礼金10億円と宝林株の利益分配金の一部30億円)の見せ金を餌に西を自由に操った。その何倍かの配当をも鈴木は約束はしたが約束を守る気は毛頭なかったのだ。西は自分の欲に溺れて鈴木の本性に気が付くのが遅すぎた。そして追い詰められて自殺してしまった。A氏を裏切った天罰ともいえるが、鈴木に親和銀行事件の頃より会長、会長とおだてられ、いいように利用された》

《あまりにも酷い裁判進行と裁判結果です。裁判官は被告鈴木と弁護士長谷川の嘘で固めた主張に何の疑念も抱かず操られているという認識はなかったのだろうか。被告の鈴木が嘘の証言を繰り返し、長谷川と平林の両弁護士がそれを補強するためにさらに嘘を重ねる。罪を逃れるためにあの手この手を講じたのだ。裁判官は嘘を見抜き、正当な判断をする為に提出された証拠から裏付けを取り、検証を重ねて矛盾のないように判断するのが裁判官としての責任のはずだが、この裁判は非常に一方的で、A氏の主張や鈴木の側近である紀井氏と天野氏の証言や証拠でさえも全くと言っていい程無視した。明らかに公正さ公平さを欠いており、原告等の主張も全くと言っていいほど採用しなかった。こんな裁判があっていいはずがない》

《裁判所には代理人弁護士が書いた準備書面を「コピー&ペースト」して判決文とする裁判官がいるというが、この裁判の判決はまさにそれを地で行っている。今回の裁判を担当した裁判官は、原告の主張を理解し汲み取るという発想が最初から無いから、判決では都合の悪いものとして原告側の証拠を排除してしまったとしか考えようがない。こんな裁判官が横行しているとしたら、裁判所の信頼が地に堕ちる》

《鈴木義彦には人間が持つ「良心の呵責」というものが全くないとしか見えない。普通の人間であれば、程度こそ違っても何かしら悪い事に巻き込まれるようなときもあるかもしれないが、しかしそこには理性が働き犯罪に至らずに済んでいるものが圧倒的に多いと思う。そして、もし悪事をしてしまっても良心の呵責から「悪い事をしてしまった結果の反省と後悔」を誰もが感じるはずだ。しかしこの鈴木義彦という人間は全くと言っていい程それが感じられない。この男は本当に人間なのだろうか?と大きな疑問さえ持つ。記事のどこかに人間ではない人間「人非人」の形容が最もふさわしいのではないか。最近の投稿では、この一族は鈴木と同様だと言われている》(取材関係者より)

《鈴木は、輸入インボイスを偽造したり、金融業者を相手に詐欺を働いたり、宝石を偽造して借入の担保にする事等を常習にしていた。被害者が訴えていないから逮捕されていないが、事件になれば鈴木は間違いなく立件されていた。これらは鈴木がFR社で資金繰りに困窮していた頃に頻繁に起きているが、それを救ったのがA氏だった。しかし鈴木はA氏に対しても同様の詐欺行為を繰り返し、ピンクダイヤと絵画をA氏に持ち込んで言い値の3億円で買ってもらいながら親和銀行事件で逮捕される3日前に、売らせてほしいと言って持ち出し、代金を払いもしなければ返却もしなかった。そのうえ、保釈された後に西と始めた株取引でA氏に株価の買い支え資金を出させながら利益を独り占めするという深刻な裏切りを実行した。こんな悪党が世の中に放置されている状況を警察は許していて良いのか。この男の前科前歴は参考にするべきだったと思う》

《西は、すべて鈴木の指示通りに動かされていた。密約した株取引の利益配当金を得るための事だったのだろうが、鈴木から受け取った40億円(合意書破棄の礼金10億円と宝林株の利益配当の一部として30億円)の配当金の一部をA氏へ報告もしなければ返済もせず好き放題に海外に隠匿していた。西の奥さんや前妻の息子の陽一郎は、西がA氏から借りた資金で銀座に奥さんの出身地の角館を店名にした店を出したり、東京オークションハウスの店を銀座に2店舗、日本橋にも1店舗出すなどしていても、A氏には報告を一切していないという。金銭に関わることはA氏には全て内緒にしていた、というのは奥さんや陽一郎もおかしすぎる》

《宝林株の取引で、鈴木と西が約160億円もの利益をあげたという情報は瞬く間に証券市場にも、仕手戦を仕掛ける相場師の間にも広がり、A氏のところへも複数の連絡が入ったらしいが、株の世界の情報の広がりには凄いものがあると思う。鈴木が大儲けをしたのでスポンサーのA氏に是非スポンサーになってほしいという依頼が多かったようだ。しかし一番驚いたのはA氏だろう。寝耳に水とはこの事で、真相を当然確かめるべく西に確認したところ西は「根も葉もない噂」と平然と嘘をついた。正直西も鈴木もバレたらどうしようと慌てただろう。西は鈴木から口止めされていたが、操られる西も西だ。鈴木は何でも金の力で周囲の人間をコントロールしてきたようだが、結局は鈴木自身が強欲過ぎたために本人も家族も永久にいい人生を送ることなどできるはずがない。世話になって命を助けられた人間にここまでする人間は鈴木義彦くらいしかいないとの声が世界中から多くなっている。長谷川、青田の人生も終わったようなものだ》

《西は香港で殺されかけた時に、何故A氏に洗いざらい全てを告白しなかったのか、今更言っても空しいだけで残念でならない。それに、香港の事件では息子の陽一郎の言動が気になる。詳しい事情を知っていてA氏に言っていないのではないか。西と陽一郎はA氏から出してもらった株の買い支え資金名目の金を流用してデリバティブ取引やカジノでギャンブルに耽って散財していたというが、陽一郎は西が鈴木の代理人のTamと会っているときにカジノで遊興でもしていたかもしれない。陽一郎は何故、西に付き添わなかったのか。西がダメだと言っても一緒に行動していれば、西は事件に巻き込まれなかったのではないか。それに、父親のことを「東京オークションハウスの頃の父親はカッコ良かった」と関係者達に言っていたようだが、全てA氏のお陰で、奥さんが保証人になっていることも当然分かっていると思うが、鈴木の関係者が怖いので協力できないとは、人間として男として最低だと思う。A氏宛の西の遺書は、封を開ける前に先に見せてほしいと言ってA氏が中身を見る前にコピーをもらっておきながら、自分と西の奥さんに届いた遺書は見せると言って一切見せなかった。何事においても自分勝手な人間だ》(関係者より)

《株取引の知識も経験もなかったA氏は、西が持ちかけた話で昭和62年に起きたブラックマンデーで20億円以上の巨額の損失を出すという苦い経験をしているという。そんな経験をしていれば、二度と株には手を出すまいと思っても仕方がないと思いますが、今回の宝林株でしかも再び西からの話となれば、A氏もかなり悩んだと思う。鈴木が「株取引を成功させないと、私も西会長も社長への返済ができません」と言い、A氏は鈴木と西に貸し付けた巨額の債権を精算させるためにもと考え、また同時に鈴木の真に迫る話術もあり、A氏は鈴木の言葉を信じてしまった。鈴木はA氏が助けてくれた事や、誰も協力する者などいない中でA氏が資金を出したにもかかわらず全てを独り占めする人間は世界中探してもいないと思うくらいだ。それに愛人が9人いると豪語していたようだが、こんな最低最悪な人間はいないはずだ。それに家族や身内も今や鈴木への疑惑の内容をよく分かっていながら何も言わない。この一族は世界中から相手にされないだろう。一刻も早く国に没収されて、A氏の関係者や多くの人が言っているようにコロナ禍を始めとする国民のためのセーフティネットに利用されてしかるべきだ》

《長谷川は、株取引で巨額の利益が生まれ、しかも鈴木が独占して海外に隠匿しているというA氏側の主張を荒唐無稽な話だと言い続けた(裏金で多額の報酬をもらっているに違いない)。鈴木の関係者は全員が脱税に問われるはずだ》  (以下次号)

2021.01.16
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

    お問い合わせ